現代美術への視点6 エモーショナル・ドローイング

現代美術への視点6 エモーショナル・ドローイングの画像

奈良美智 《untitled》
奈良美智 《untitled》 2008年
photo: Kei Okano (c) the artist

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館とともに「現代美術への視点6 エモーショナル・ドローイング」展を開催いたします。

アジア、中東出身作家16名の作品を紹介し、紙に描かれたドローイング作品だけでなく、インスタレーションやアニメーションも展示します。期間中は、作家によるトークやシンポジウムなどを行ないます。

【京都】
会期・会場: 2008年11月18日 火曜日 から 12月21日 日曜日
京都国立近代美術館 アクセス
休館日: 毎週月曜日
※11月24日 月曜日 は開館、11月25日 火曜日 は閉館
開館時間: 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料: 一般 850(600)円/大学生 450(250)円
*( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
高校生以下は無料。
主催: 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、京都国立近代美術館、東京国立近代美術館
協力: 日本航空
出品作家: レイコイケムラ(日本/ドイツ)、アマル・ケナウィ(エジプト)、アヴィシュ・ケブレザデ(イラン/アメリカ)、キム・ジュンウク(韓国)、ホセ・レガスピ(フィリピン)、ナリニ・マラニ(インド)、奈良美智(日本)、ジュリアオ&マニュエル・オカンポ(アメリカ/フィリピン)、S. テディ D. (インドネシア)、坂上チユキ(日本)、 ピナリー・サンピタック(タイ)、ミツ・セン(インド)、アディティ・シン(インド)、シュシ・スライマン(マレーシア)、辻直之(日本)、ウゴ・ウントロ(インドネシア)
(姓のアルファベット順。括弧内は、国籍。あるいは国籍/在住国を示す)
関連イベント:

【アーティスト・トーク】
日時:11月18日 火曜日 14時から15時30分
講師:アディティ・シン、マニュエル・オカンポ、レイコイケムラ
場所:京都国立近代美術館 1階講堂 聴講無料(要観覧券)、先着100名
※英語。逐次通訳あり

【対話「ドローイングを語る」】
日時:12月13日 土曜日 14時から15時30分
講師:金井 直(信州大学人文学部准教授)、保坂健二朗(本展企画者、東京国立近代美術館研究員)
場所:京都国立近代美術館 1階講堂 聴講無料、先着100名

WOT 創る creation ~辻直之を中心に】
日時:11月20日 木曜日 15時30分~20時50分
講師:川島智生(建築史家)
場所:同志社大学 今出川校地 寒梅館ハーディーホール
主催・問合せ先:同志社大学今出川校地学生支援課(TEL: 075-251-3270)
※詳細はこちら:http://www.doshisha.ac.jp/students/support2/kaprog/wot/

>>関連イベントに関する最新・詳細情報は、京都国立近代美術館Webサイトにてご確認ください。

【東京】 *終了しました
会期・会場: 2008年8月26日 火曜日 から 10月13日 月曜日
東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1 階) アクセス
休館日: 毎週月曜日(9月15日、10月13日は開館、9月16日は休館)
開館時間: 10時 から 17時(金曜日は10時 から 20時)
(入館は閉館30分前まで)
観覧料: 一般 850(600)円/大学生 450(250)円
*( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
高校生および18歳未満、障がい者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。
主催: 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館
協力: 日本航空
出品作家: レイコイケムラ(日本/ドイツ)、アマル・ケナウィ(エジプト)、アヴィシュ・ケブレザデ(イラン/アメリカ)、キム・ジュンウク(韓国)、ホセ・レガスピ(フィリピン)、ナリニ・マラニ(インド)、奈良美智(日本)、ジュリアオ&マニュエル・オカンポ(アメリカ/フィリピン)、S. テディ D. (インドネシア)、坂上チユキ(日本)、 ピナリー・サンピタック(タイ)、ミツ・セン(インド)、アディティ・シン(インド)、シュシ・スライマン(マレーシア)、辻直之(日本)、ウゴ・ウントロ(インドネシア)
(姓のアルファベット順。括弧内は、国籍。あるいは国籍/在住国を示す)
アーティスト・
トーク:
2008年8月26日 火曜日 14時 から 16時 ギャラリー・トーク
マニュエル・オカンポ+ピナリー・サンピタック+ミツ・セン
*会場にて、聴講無料(要観覧券)、申込不要
2008年9月13日 土曜日 14時 から 16時 スクリーニング&トーク
辻直之
*講堂(東京国立近代美術館地下1階)にて、聴講無料、申込不要(先着150名)
シンポジウム: 2008年9月27日 土曜日 13時 から 16時
「ドローイング再考 テクネーとアートのはざまで」(仮題)
パネリスト(50音順)
  • 金井直(信州大学人文学部准教授)
  • 斉藤環(精神科医、爽風会佐々木病院診療部長)
  • ヤン・ジョンム(韓国芸術綜合学校美術学部美術理論学科准教授)
  • 中林和雄(東京国立近代美術館企画課長)
  • 保坂健二朗(東京国立近代美術館研究員、本展キュレーター)*モデレーター
*講堂(東京国立近代美術館地下1階)にて、聴講無料、申込不要(先着150名)
ギャラリー・トーク 担当学芸員によるギャラリートーク
保坂健二朗+中村麗子
日程: 2008年9月5日 金曜日、9月19日 金曜日、10月3日 金曜日
時間: 18時 から 19時
*会場にて、聴講無料(要観覧券)、申込不要
お問合せ: TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

アヴィシュ・ケブレザデ 《裏庭》
アヴィシュ・ケブレザデ  《裏庭》 2005年
Courtesy: Ebrahim Melamed / Honart Museum, Tehran (c) the artist

ジュリアオ&マニュエル・オカンポ 《プードル》
ジュリアオ&マニュエル・オカンポ  《プードル》 2008年
  (c) the artist

エス・テディ・ディ
S. テディ D.   《Boomer》 2000年
  個人蔵 (c) the artist

キム・ジュンウク 《無題》
キム・ジュンウク   《無題》 2007年
Courtesy: Gallery Skape, Seoul (c) the artist *(参考図版)

ページトップへ戻る