パキスタンから映画『フダー・ケ・リイェー』の監督が来日します

ショエーブ・マンスール・ハーン氏

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、海外において文化の各分野を代表する優れた文化人を日本に招へいし、日本の文化と社会を体験してもらうとともに関係者との意見交換を行ない、日本理解と人的ネットワークの形成を促進しています。 *参考情報:文化人招へい事業

このたび、7月24日 木曜日より8月6日 水曜日までの期間、パキスタンの映画監督ショエーブ・マンスール・ハーン氏(Shoaib Mansoor Khan)を日本にお招きします。

ショエーブ監督は、長年に亘り数多くのテレビ番組・ドラマを手がけてきました。加えて、脚本や小説の執筆、更には作詞・作曲までこなし、マルチな才能を生かして様々な分野で活躍しています。初めて監督した映画『フダー・ケ・リイェー(Khuda Kay Liye 邦題:神に誓って)』(2007)はパキスタン国内で大人気を博した上、インドでもパキスタン映画としては43年ぶりに公開され大ヒットを記録し、カイロ国際映画祭特別審査員賞を受賞しました。日本では本年秋にアジアフォーカス・福岡国際映画祭で初上映する予定です。

レクチャー:「神に誓って・・・――ショエーブ監督の映画に込めた思い――」

各国で評判の映画『フダー・ケ・リイェー』のシーンを取り上げながら、普段なかなか知ることのできない現代パキスタンの状況やその抱える問題について、監督に解説していただきます。

概要
日時 2008年8月4日月曜日
18時30分 開始 (18時 開場)
場所 ジャパンファウンデーション JFICホール[さくら]アクセス
進行役 東京外国語大学ウルドゥー語研究室 麻田豊准教授
言語 ウルドゥー語(日本語への逐次通訳付)
参加費 無料 (事前申込要 定員60名)
*レクチャー終了後、簡単な懇親会を予定しています。
申込み方法・
申し込み先
件名を「8/4レクチャー申込み」とし、お名前、ご所属先、ご連絡先(電話、FAXもしくはメールアドレス)を明記の上、メールもしくはFAXにて下記申込み先へ送付下さい。(7月31日 木曜日 17時30分締切)ご希望多数の場合は、先着順となりますのでご了承ください。
ジャパンファウンデーション 文化事業部文化企画課
(担当)長島 弥生 E-mail/久松 絵美子 E-mail
TEL:(03)5369-6059 FAX:(03)5369-6036

ページトップへ戻る