アヴァンギャルド・チャイナ ― 中国当代美術 二十年―

アヴァンギャルド・チャイナ ―<中国当代美術>二十年―のタイトル画像

をちこち隔月刊『をちこち(遠近)』26号(2008年12月発行)では、当事業に関する記事を掲載しています。

シリーズ2 No.3
方力鈞《シリーズ2 No.3》1992年、
油彩・カンヴァス、福岡アジア美術館蔵

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、国立新美術館とともに「アヴァンギャルド・チャイナ ― <中国当代美術>二十年―」展を開催いたします。

近年の急激な経済発展や北京オリンピックなどで話題沸騰の中国ですが、美術界においても今、中国の現代美術が世界中から注目を集めています。

本展は、中国に現代美術が登場した1980年代を出発点に、ここ20年間の流れをたどりつつ、すでに評価を確立した美術家たちから、今後活躍が期待される若手まで、特筆すべき美術家たちに焦点をあてて、その代表作を展覧するものです。
絵画や彫刻だけでなく、パフォーマンスや映像など、さまざまな表現を使って展開されてきた中国現代美術の知られざる魅力をご紹介します。

【愛知】 *終了しました
会期・会場:

2009年4月3日 金曜日 から 5月24日 日曜日

愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)アクセス

関連イベント情報

  • 講演会/シンポジウム
    2009年4月4日 土曜日 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
  • アーティスト・トーク/シンポジウム
    2009年4月5日 日曜日 愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
開館時間: 10時から18時 *金曜日は20時まで
(入館は閉館の30分前まで)
休館日: 毎週月曜日、5月7日 木曜日
*ただし5月4日 月曜日(祝日)は開館
観覧料: 一般/1,200(1,000)円
高校・大学生/900(700)円
小・中学生/無料
※( )内は前売り・団体料金
※ 団体は20名以上
※ 身体等に障がいのある方および付き添いの方には割引制度があります。
手帳をご持参の上、チケット売場にてお問い合わせください。
主催: 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、愛知県美術館、
中日新聞社、財団法人自治総合センター
協力: パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
出品作家: 黄 永砅(ホアン・ヨンピン)、王 広義(ワン・グァンイー)、張 培力(ジャン・ペイリィ)、丁 乙(ディン・イー)、張 暁剛(ジャン・シャオガン)、方 力鈞(ファン・リジュン)、触覚小組(タクティル・アート)/新刻度小組(シンカドゥ・グループ)、顧 徳新(グ・ダァシン)、馬 六明(マ・リウミン)、張 洹(ジャン・ホアン)、孫 原 + 彭 禹(スン・ユァン+ポン・ユゥ)、楊 振中(ヤン・ジェンジョン)、楊 福東(ヤン・フードン)、曹 斐(ツァオ・フェイ)、徐 震(シュー・ジェン)
【大阪】*終了しました
会期・会場:

2008年12月9日 火曜日 から 2009年3月22日 日曜日

国立国際美術館(大阪)アクセス

>> 大阪会場の詳細についてはこちらをクリックしてください。

【東京】*終了しました
会期・会場:

2008年8月20日 水曜日 から 10月20日 月曜日
国立新美術館 企画展示室2E アクセス

>> 東京会場の詳細についてはこちらをクリックしてください。

『中国絵画史』と『現代絵画簡史』を 洗濯機で2分間攪拌した
黄 永「砅」の画像
《『中国絵画史』と『現代絵画簡史』を洗濯機で2分間攪拌した》
1987/1993年再制作、茶箱・紙パルプ・ガラス、
ウォーカー・アート・センター蔵
CollectionWalkerArtCenter, Minneapolis T.B. Walker Acquisition Fund, 2001

無題(赤い格子の後ろの聖母)
王 広義
《無題(赤い格子の後ろの聖母)》
1987年、油彩・カンヴァス、
ガイ&ミリアム・ユーレンス財団(スイス)蔵
Collection Guy & Myriam Ullens Foundation, Switzerland

若い娘としての母と画家
張 暁剛
《若い娘としての母と画家》
1993年、油彩・カンヴァス、
福岡アジア美術館蔵

芬ー馬六明
馬 六明
《芬ー馬六明》
1993年、写真、作者蔵

1996年8月24日
顧 徳新
《1996年8月24日》
1996年、写真、作者蔵

ページトップへ戻る