邦楽米国ツアー

邦楽米国ツアの画像ー

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、ニューヨークで開催される芸術見本市APAPに合わせ、締太鼓、大鼓、小鼓、笛からなる「囃子アンサンブル藤桜」と箏、サックス2人組「Passion of Asia―川嶋哲郎&竹澤悦子―」による2ユニット合同音楽公演を実施します。また、ニューヨーク公演後にはヒューストンにて公演を行ないます。

公演日程:
ニューヨーク 日時:2009年1月10日 土曜日
会場: アジアソサエティ (英語)
ヒューストン 日時:2009年1月14日 水曜日
会場:ヒューストン美術館

囃子アンサンブル藤桜

日本でもまだ珍しい女性のみによる四拍子(締太鼓、大鼓、小鼓、笛の4種)の演奏です。
*囃子とは:能や歌舞伎、長唄などの三味線音楽の伴奏として演奏される打楽器の音楽。

■ 望月晴美(もちづき はるみ)

公式Webサイト

はせみきた

1965年、東京日本橋浜町生まれ。 母、祖母ともに望月流女性囃子方、父は義太夫節の太夫。 幼少より囃子の楽器に親しみ、6歳の時、日刊工業ホールにて初舞台。 その後、宗家藤舎せい子に師事し、本格的に囃子を学ぶ。 又、長唄を今藤美知、江戸里神楽を若山胤雄に師事。

■ 藤舎千穂(とうしゃ ちほ)

藤舎せい子、六世藤舎呂船に師事。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。古典の舞台を中心に、ジャンルにとらわれず幅広く活躍中。邦楽囃子 新の会、眞しほ会同人。長唄協会会員。囃子 千しほ会主宰。「藤舎千穂Presentsお囃子ライブ」主宰。

■ 藤舎朱音(とうしゃ あかね)

公式Webサイト

囃子を藤舎千穂、長唄三味線を稀音家康に師事。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業、同大学院修了。六世家元藤舎呂船より藤舎朱音の名を許される。邦楽囃子 新の会、眞しほ会、青濤会同人。長唄協会会員。

■ 藤舎理生(とうしゃ りを)

藤舎流笛方。篠笛・能管を藤舎名生に師事。同志社大学文学部卒業。古典曲、現代曲双方にて活動のほか、篠笛曲の作曲や、独奏演奏を各地で行う。邦楽囃子 新の会、眞しほ会同人。長唄協会会員。笛 理生の会主宰。

Passion of Asia―川嶋哲郎&竹澤悦子―

サックスと箏のジャンルを越えた新しい音楽をお楽しみいただけます。

■ 川嶋哲郎(かわしま てつろう)
テナーサックス、ソプラノサックス、フルート

公式Webサイト

川嶋哲郎

1966年8月9日、富山県生まれ。

6才からピアノを始め、12才でトランペット、高校時代にテナーサックスに転向。大学在学中に独学でジャズを始める。卒業後名古屋で会社員として勤務するが、原朋直(tp)と大坂昌彦(d)に出会い、27歳でプロに転向。

原・大坂、日野皓正、大西順子、日野元彦の活動を経て近年では東京銘曲堂(TMD)、DIRECTIONに加え、メンバーを一新した自身のカルテットの他、日野皓正(tp)、山下洋輔(p)とのコンサートも定期的に開催されライフワークのソロ、デュオライブ等も精力的に行なっている。

■ 竹澤悦子(たけざわ えつこ)
箏、17絃、歌

公式Webサイト

竹澤悦子

1963年石川県七尾市に生まれ、8歳より生田流箏曲を学ぶ。沢井忠夫、沢井一恵、中井猛の各氏に師事。東京芸術大学音楽学部卒業。'87年 沢井忠夫合奏団CD「箏」(コロンビア)に参加 文化庁芸術作品賞、‘98埼玉県芸術文化祭奨励賞受賞。現在、福島大学,上越教育大学、金城学院大学非常勤講師。
‘86「どんぐり」’93「koto vortex」を結成、'94年 板橋文夫(p)ユニット、‘02年音楽と映像の「FUTON LOGIC」等様々な活動により箏の可能性を拡げ、国内外にて反響を呼ぶ。「独箏~ひとりごと」「コンタクト」等シリーズコンサートを開催。卓越した演奏と声の表現力で古典から現代まで幅広く活躍中。

お問い合わせ先

国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 芸術交流部舞台芸術課 (担当)堀田 未来
Tel. 03-5369-6063 Fax. 03-5369-6038

ページトップへ戻る