「福之音アンサンブル」シンガポール公演

「福之音アンサンブル」シンガポール公演の画像

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2009年11月シンガポールに開設予定のジャパン・クリエイティブ・センター(JCC)オープニング・プレイベントとして、上野宏秀山氏(文化庁文化交流使)プロデュースによる邦楽コンサート「福之音アンサンブル -Japanese Tradition & Innovation-」を開催します。

公演情報

日時 2009年3月29日 日曜日 19時から
会場 Victoria Concert Hall
(11 Empress Place Victoria Memorial Hall 1st Storey Singaopre 179558)
入場料 無料(要予約) ※既に満席となりました。
※上記の他、南洋理工大学において同大学の学生・教職員を対象とした公演を実施します。
共催 在シンガポール日本国大使館

公演団情報

福之音アンサンブル(ふくのねあんさんぶる)

シンガポールを拠点とする尺八の上野宏秀山氏(文化庁文化交流使)と上原潤之助(マルチ三味線プレーヤー)、五十川真子(うた・三味線・箏)による「ザ 福之音」に杉浦充(箏・二十絃箏・十七弦箏)、松尾 慧(横笛)、長田伸一郎、冨田晋平(両氏とも邦楽パーカッション)が加わる、本公演のためのスペシャルアンサンブル。

出演者プロフィール

上野 宏秀山(うえの・こうしゅうざん)
[尺八]

上野 宏秀山(うえの・こうしゅうざん)

14歳で尺八を始め、最初は民謡を習い、その後京都に本部を置く都山流尺八楽会に入門、都山流より「大師範」の称号を授与される。尺八を八木宏山、人間国宝山本邦山に師事する。

日本以外では唯一のアジア在住尺八演奏家であり、シンガポールを拠点に東南アジア各地で尺八の演奏活動をする傍ら、シンガポール人の若い尺八演奏家の育成に励む。南洋理工大学(NTU)/国立教育学院(NIE)で日本の音楽を学び、卒業後シンガポールの小中学校の教師として活躍する教え子たちは数百人にのぼる。シンガポールシンフォニーオーケストラ、シンガポールチャイニーズオーケストラとの共演、世界音楽祭(WOMAD)出場等を果たす。今後は三味線奏者の上原潤之助、箏奏者の五十川真子と組んだ邦楽ユニット「ザ 福之音」のメンバーとして東南アジアを中心に演奏活動をする予定。

上原 潤之助(うえはら・じゅんのすけ)
[マルチ三味線プレーヤー]

公式Webサイト

上原 潤之助(うえはら・じゅんのすけ)

東京都出身。6才より三味線を手にする。
民謡・端唄・俗曲をベースに、現代曲・長唄・津軽三味線・三線等、細分化された三味線界において、太棹・中棹・細棹・三線と、色々な三味線を自在に扱えることのできる数少ないマルチ三味線プレーヤー。
現在は後進指導の傍ら、TV・ラジオ等の各メディアへの出演、CD録音に参加、また邦楽界にとどまらず、古典から現代曲・オリジナル・ジャズ・ロック・ブルース・ポップス・クラシック他、幅広い分野で演奏活動を展開している。

五十川 真子(いそがわ・まこ)
[うた・三味線・箏奏者]

公式Webサイト

五十川 真子(いそがわ・まこ)

東京都出身。「kotoひき語りmaco」として、多数のオリジナル弾き語り曲を発表。3才より箏・19才より三味線を始める。 山田流箏曲・三絃を亀山香能師に師事。東京芸術大学邦楽科・NHK邦楽技能者育成会卒業。 NHK-FM「邦楽のひととき」に出演。NHK邦楽オーディション合格(98年箏・01年三味線)。オーケストラ・アジアメンバー。
幼少より民謡・賛美歌・合唱曲等、様々な「うた」を歌い親しむ傍ら、高校時代は3年間ロックバンドでドラムを演奏していた経験を持つ。

杉浦 充(すぎうら・みつる)
[箏・二十絃箏・十七弦箏]

公式Webサイト

杉浦 充(すぎうら・みつる)

1969年、愛知県豊橋市生まれ。6歳より父、杉浦峰絃に箏の手解きを受ける。中学三年生頃よりプロの箏曲演奏家を目指し稽古を開始。高校卒業後、生田流箏曲正絃社二代家元・野村祐子師に箏曲、地歌三絃を師事。
1997年、第五回賢順記念全国箏曲コンクール奨励賞受賞。ソロでの演奏活動を開始。
海外における演奏として、91年カナダ、96年イタリア、ベルギー、フランス 98年ノルウェー 02年ノルウェー、スウェーデン 04年 シンガポール、オーストリア、06年 韓国、アメリカ、07年 韓国 と10カ国、二十数公演に参加出演。
現在、ソリストとして様々なユニットの一員として全国各地での公演に参加。

松尾 慧(まつお・けい)
[篠笛、神楽笛、能管、龍笛]

公式Webサイト

松尾 慧(まつお・けい)

日本の伝統的横笛の演奏家として、雅楽や民俗芸能の実演を行なうほか、ソロあるいは、琵琶、箏、三絃、和太鼓などの和楽器とのアンサンブルや、現代邦楽合奏のスタイルで演奏活動を行なっている。そのほか、邦楽のジャンルにとどまらず、西洋楽器の演奏家とのアンサンブルユニットでも活動中。
主な演奏履歴
2001年 日本音楽集団、韓国国楽管弦楽団とともにソウルで韓日記念民族楽団演奏会に参加。

長田 伸一郎(ながた・しんいちろう)
[邦楽パーカッション]

長田 伸一郎(ながた・しんいちろう)

打楽器、和太鼓、現代邦楽奏者。三重県出身。16歳より本格的に西洋打楽器の勉強をはじめる。
2004年 名古屋音楽大学を卒業、成績優秀者による卒業演奏会に出演。
2005年 打楽器集団『男群』メンバーとして、第五回大阪国際室内楽&フェスタ、フェスタ部門ファイナリスト賞受賞(世界22カ国、97団体から最終8組)。
2006年 洗足学園音楽大学大学院音楽研究科を修了。
2007年オーケストラアジア中国日本ツアーに参加(北京、南通、東京、焼津)。

冨田 晋平(とみた・しんぺい)
[邦楽パーカッション]

冨田 晋平(とみた・しんぺい)

打楽器、和太鼓、現代邦楽奏者。
洗足学園音楽大学卒業。卒業時に、卒業演奏会にて優秀賞を受賞。
洗足学園Sウィンドオーケストラメンバーとしてドイツ『オストフリースランド音楽祭』にゲスト出演。サントリーホール主催レインボー21デビューコンサートに出演。percussion quartet やぶれかぶれ、リズムアンサンブルうんた各メンバー。

お問い合わせ先


ジャパンファウンデーション 芸術交流部 舞台芸術課  担当:島田
Tel: 03-5369-6063 Fax: 03-5369-6038

ページトップへ戻る