「ウィンター・ガーデン:日本現代美術における マイクロポップ的想像力の展開」展

VINYLの写真
八木良太 「VINYL
2006年 シリコン、精製水、レコードプレイヤー、冷凍庫
©2006 Lyota Yagi
Courtesy: Mujin-to Production, Tokyo

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、日本の芸術を紹介するための作品を所蔵し、海外に巡回する巡回展事業を行なっています(国際交流基金巡回展)。巡回展は、陶芸・工芸・郷土玩具など日本の伝統を紹介するものから、現代美術・写真・建築・デザインなど現代の日本を伝えるものまで多岐にわたっています。

今回の「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」展は、日本のポップカルチャーへの世界的な関心の高まりを受け、美術評論家の松井みどり氏に企画を依頼し制作されました。絵画、ドローイング、映像約60点により構成され、60年代以降に生まれた若手アーティストによる「マイクロポップ(松井みどり氏の造語)」的表現が、現代の世界で生きることとどのように関係しているのかを探っていくものとなっています。

本年9月からケルンで始まる海外巡回に先立って、このたび原美術館にて国内でのお披露目展を開催いたします。

関連情報

■アーティストトークの開催が決定しました

日時: 7月15日 水曜日 18時30分から20時
青木陵子×工藤麻紀子×松井みどり
日時: 7月18日 土曜日 14時30分から16時
八木良太×松井みどり

<15日、18日両日とも>
会場: 原美術館ザ・ホール
参加費: 1,000円(別途入館料が必要です。)
定員: 80名(お申込み先着順)

*イベントの詳細やお申込み方法については、原美術館WebサイトEVENTS欄をご覧ください。

Blog公式ブログ「地球を、開けよう。」では、当事業に関する情報を紹介しています。

展覧会概要

会期

2009年5月23日 土曜日 から 7月20日 月曜日(祝日)
休館日:毎週月曜日(7月20日は開館)

開館時間

11時から17時 (水曜日は20時まで / 入館は閉館30分前)

会場

原美術館
〒140-0001 東京都品川区北品川 4-7-25

Tel: 03-3445-0651(代表) Fax: 03-3473-0104(代表)
*JR品川駅高輪口より徒歩15分 / 都営バス「反96」系統「御殿山」停留所下車、徒歩3分
キュレーター

松井みどり(美術評論家)

出品予定作家

青木陵子、泉太郎、落合多武、工藤麻紀子、國方真秀未、佐伯洋江、杉戸洋、タカノ綾、 田中功起、千葉正也、ChimPom、半田真規、八木良太、山本桂輔

主催

ジャパンファウンデーション/原美術館

料金

一般1000円 大高生 700円 小中生 500円
* 20名以上の団体は1人100円引
*原美術館メンバーは無料/学期中の土曜日は小中高生の入館無料
*JFサポーターズクラブ会員の方は会員カードの提示で、入館無料

その他

*日曜・祝日には学芸員によるギャラリーガイドを実施いたします。
(14時30分より30分程度)

*最新の関連イベント情報につきましては、原美術館Webサイトをご参照ください。

よるにもとべるの写真
工藤麻紀子 「よるにもとべる」
2007年、キャンバスに油彩、117.0×117.0cm
©Makiko Kudo
Courtesy: Tomio Koyama Gallery

泣き頭の写真
千葉正也 「泣き頭」
2008年、キャンバスに油彩、木、160×93.3×30.7cm
©Masaya Chiba
Courtesy: ShugoArts

興ざめパラダイス感覚サーフィンその1、その2の写真
半田真規
「興ざめパラダイス感覚サーフィンその1、その2」
2007年、タイルに油彩、フェルトペン、
2枚組木製パネルにマウント、148.0×148.0cm 
Courtesy: Kodama Gallery

キュロス洞の写真
泉太郎 「キュロス洞」
2005年、DVD (8分37秒)
Courtesy: HIROMI YOSHII

[お問い合わせ]

ジャパンファウンデーション 文化事業部 造形美術チーム
担当:松岡、川田
東京都新宿区四谷4-4-1 Tel: 03-5369-6062 Fax: 03-5369-6038

ページトップへ戻る