『ガリババの不思議な世界』インドネシア公演

ガリババの不思議な世界』インドネシア公演

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、パパ・タラフマラ、ケローラ財団(インドネシア)との共催により、日本・インドネシア共同制作舞踊作品『ガリババの不思議な世界』の公演をインドネシアで実施します。
このプロジェクトは、小池博史氏(パパ・タラフマラ主宰)が『ガリバー旅行記』の作者、ジョナサン・スウィフトの生涯に着想を得て脚本・振付・演出を担当、日本からパパ・タラフマラのダンサー2名に加え、インドネシアからダンサー、影絵芝居やガムラン音楽など伝統芸能の継承者総勢13名のメンバーが出演します。
プロジェクトは4月18日、19日のパパ・タラフマラのレパートリー『三人姉妹』のジャカルタ公演で幕を開け、メンバーは4月下旬からインドネシアの古都ソロに集合し制作を開始。音楽・舞台美術・衣装の各スタッフも日本とインドネシア双方から参加するこの作品は、6月にジョグジャカルタとジャカルタの2カ所で上演されます。

公演の様子の写真1

公演の様子の写真2

開催概要

プロジェクト実施期間: 2009年4月16日から6月12日
公演日・会場

2009年6月7日 会場:タマンブダヤ(ジョグジャカルタ)
2009年6月11日、12日 会場:タマンイスマイル・マルズキ(ジャカルタ)

主催

ジャパンファウンデーション、パパ・タラフマラ、ケローラ財団

助成

セゾン文化財団+EU・ジャパンフェスト日本委員会

Webサイト

パパ・タラフマラ
ジャカルタ日本文化センター(英語)

お問い合わせ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)文化事業部舞台芸術チーム (担当)島田 靖也
Tel: 03-5369-6063  Fax: 03-5369-6038

ページトップへ戻る