日メコン交流2009年事業 「Flickers: new media art from Japan」展(ベトナム)

日メコン交流年2009事業のロゴ画像 日メコン交流年2009事業

南隆雄 新作イメージの写真
南隆雄 新作イメージ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、2009年が「日メコン交流年」であることを機会に、3月に各国への美術環境調査を実施しましたが、その調査に基づき、メコン流域諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム)との更なる美術交流事業への発展も視野に入れ、今秋、ベトナム(ハノイ)において「Flickers: new media art from Japan」展を実施します。

*タイ(バンコク)開催の 「Twist and Shout: Contemporary Art from Japan」展情報はこちら

*参考情報
2009年秋、ジャパンファウンデーションが海外で主催する美術展覧会のご案内 【PDF:669KB】

企画趣旨・背景

ベトナム社会は1986年のドイモイ政策に伴い、急速にベトナム社会は市場経済化しました。しかし長期のわたるベトナム戦争の影響は残り、国民国家としての確立のための文化統制はまだまだ強い状況です。ハノイとホーチミンは両都市の歴史的背景から異なる発展と状況を呈しています。が、一方で、共通するのは美術大学を中心とした伝統的な絵画、彫刻のみならず、デジタルカメラ・ビデオなどのニュー・メディアに取り組む若いアーティストたちが現れ始めていることで、新しい表現手段は彼らに表現の幅を与えています。写真や映像、サウンド、とりわけ高度なコンピューター処理を用いた画像を含むインスタレーションは、いまや現代美術に欠かせない表現手段であり、ニュー・メディアにまさに今取り組んでいる日本の若手作家との出会いは、ハノイの人々に大きな刺激を与えるに違いありません。また、あわせて実施する日本のメディアアートに関するレクチャーと学生向けワークショップは、日本のメディアアートの多様性を網羅的に理解していただく絶好の機会となることでしょう。

概要
事業名

Flickers: new media art from Japan

会期

2009年10月23日 金曜日 から 2009年11月1日 日曜日

会場

ゲーテ・インスティチュート、ハノイ

主催

ジャパンファウンデーション

キュレーター

橋本 梓 (国立国際美術館研究員)

出品作家

南隆雄(メディア作家)

関連イベント

トークショー

南隆雄+チャン・ルオン+橋本梓
日時: 2009年10月23日 金曜日
会場: ベトナム国立美術博物館

レクチャー

「メディアアートの可能性について話そうー日本の状況を中心に(仮)」
講師: クワクボリョウタ(メディア作家)、原久子(大阪電気通信大学教授)
日時: 2009年10月24日 土曜日 18時から20時
会場: ベトナム国立美術博物館

学生向けワークショップ

「メディアアートにつながる電子工作ワークショップ(仮)」
講師: クワクボリュウタ(メディア作家)
日時: 2009年10月25日 日曜日 13時から16時
会場: ベトナム国立美術博物館

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)文化事業部造形美術チーム
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
Tel: 03-5369-6062  Fax: 03-5369-6038
担当:古市、鈴木

ページトップへ戻る