加藤和樹 J-POP韓国公演

加藤和樹 J-POP韓国公演

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、今年の韓国向け公演事業として、10月2日・3日に開催される「日韓交流おまつり2010 in Seoul」(ソウル広場等)と、10月1日から9日に開催される「昌(ちゃん)原(うぉん)ジャパンウィーク」(昌原城山(そんさん)アートホール、10月4日)に、J-POPアーティスト、加藤和樹(かとうかずき)さんを派遣します。

1998年の日韓首脳会談において、地域レベルの交流促進の重要性が認識されたことを契機に、同年より開始された「ジャパンウィーク」は、今年は昌原で開催されます。また、2005年から毎年ソウルで開催(昨年からは東京でも開催)されてきた「日韓交流おまつり」は、市民・公共団体が合同で運営・参加する日韓最大の交流行事で、ソウル市長舎前のソウル広場が会場となります。

観光や商用などで日本との人の往来が活発であるにも関わらず、日本のPOPカルチャーに直接接する機会が必ずしも多いとはいえない地域の市民に、その鑑賞の機会を提供し、次代を担う「若い世代」および市民レベルにおける信頼関係を築くという大役に選ばれた加藤さんは、昨年の中国公演でも成功を収め、韓国のみならず台湾・中国でもCDデビューを果たした期待のアーティストです。

公演日程: 2010年10月2日 土曜日 から 10月6日 水曜日

「日韓交流おまつり2010 in Seoul」公演
日時: 2010年10月2日 土曜日 および 10月3日 日曜日 16時開演 (行事により順延)
会場: ソウル広場メインステージ
共催: 日韓交流おまつり実行委員会
「昌原ジャパンウィーク」公演
日程: 2010年10月4日 月曜日 19時30分開演
会場: 昌原城山アートホール
共催: 在釜山日本国総領事館
ソウル・サンサンマダン公演
日程: 2010年10月6日 水曜日 19時30分開演
会場: KT&Gサンサンマダン・ライブホール
共催: KT&Gサンサンマダン
後援: 在韓国日本国大使館公報文化院

アーティスト・プロフィール

加藤 和樹(かとう・かずき) ボーカル・ギター 

加藤 和樹

1984年10月7日生 愛知県出身 A型 T 181cm

2005年ミュージカル「テニスの王子様」で脚光を浴びる。
2006年4月ミニ・アルバム「Rough Diamond」でデビュー。その後、4枚のシングル、2枚のフル・アルバムをリリース。4度の全国ツアーを経て、デビュー2年目の2008年4月には既に武道館ライブを成功させる。

2009年3月4日、ポニーキャニオン移籍第1弾となる5thシングル「Venom」をリリース。
4月25日には日比谷野外音楽堂でデビュー 3周年ライブを行い、6月10日には6thシングル「EASY GO」をリリース、オリコンウィークリーチャート10位を記録し、着うたフルの配信では「レコチョクアニメ・フル」、「Mora」、「@ポニーキャニオン」のサイトで発売日デイリー1位を獲得。レコチョクアニメ・フルはウィークリーでも1位を獲得し、7月には、5度目となる全国ツアー「KAZUKI KATO LIVE “GIG” 2009 Drastic Glamor Tour」を行なう。

2009年にはまた、韓国、台湾、中国でCDデビューを果たし、上海や北京でもLIVEを行うなどアジアにも活動の場を広げている。

2010年3月17日に7thシングル「欲情-libido-」、7月18日には8thシングル「灼熱フィンガーでFEVER!」をリリースした。

俳優としては、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」などに出演。2008年からは映画出演も精力的に行ない、「ギララの逆襲」(ヴェネチア映画祭招待作品)、「恋極星」(上海国際映画祭ノミネート作品)、「湾岸ミッドナイト THE MOVIE」などに出演。

2010年は1月5日より放送されたドラマ「インディゴの夜」に出演。また、現在放送中の人気テレビアニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」では初声優にも挑戦する。さらに1月23日からロックミュージカル「King of the Blue」(上島雪夫演出)や昨年シアター1010で初主演し話題となった舞台「罠」(日本テレビ製作)が、あらたに深作健太氏を演出に迎え、東京含む全国 5都市での異例拡大再演も決定。同年秋には、初主演映画「神様ヘルプ!」が全国公開となる。(8月7日より一部先行上映)

お問い合わせ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 
文化事業部 舞台芸術チーム
担当: 阿部(あべ)
Tel. 03-5369-6063 Fax. 03-5369-6038 E-mail

ページトップへ戻る