−中東欧美術のいま−講演会

チラシ画像
-中東欧美術のいま-【PDF:126KB】

*クリックするとPDFファイルが開きます

ジャパンファウンデーションは、 2010 国際交流基金文化人招へい事業により来日するベンチュク・バルナバーシュ氏(ルードヴィグ美術館館長)による講演会を、京都市立芸術大学と共催で行ないます。

ハンガリーの首都ブダペストに位置するルードヴィグ美術館は、ハンガリー最大の現代美術コレクションを誇り、
またハンガリー、中東欧をはじめとする世界の現代美術を紹介し、年間を通して意欲的な企画展を実施しています。中東欧現代美術の現状についてご紹介いただきます。

概要
日時  2010 年10 月16 日(土)15:00 ~ 17:00(予定)
場所 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア) 2F ラウンジ アクセス
〒604-0052 京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1
地下鉄「二条城前」駅(2 番出口)南東へ徒歩約3 分、市バス「堀川御池」バス停下車すぐ
電話:075-253-1509
主催  国際交流基金、京都市立芸術大学
お申込み 参加無料、事前予約不要、先着50 名
※当日先着順ですので、申込は受け付けておりません。
早めに会場にお越しください。
略歴 ベンチュク・バルナバーシュ氏(ルードヴィグ美術館館長)
エトヴェシ・ロラーンド大学にて美術史の修士号を取得 / 1990-1999 Studio Art Gallery 経営/ 1993-1995 ソロス現代美術センタープログラムコーディネーター
1999-2001 TRAFO Art Gallery 及びムチャルノク(ハンガリー国立現代美術館)主任学芸員/ 2001-2002 MEO 芸術監督/ 2006 MODEM 芸術監督
2006-2008 ACAXAgency for Contemporary Art Exchange)館長/ 2008 現職/ 2010 国際交流基金文化人招へい事業により来日
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)文化事業部 生活文化チーム 
担当: 長島 弥生  E-mail
Tel. 03-5369-6060

ページトップへ戻る