国際舞台芸術ミーティングin 横浜(TPAM in Yokohama)2011 ―TPAMが横浜で新たに生まれ変わります!―

国際舞台芸術ミーティングin 横浜(TPAM in Yokohama)2011

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、国際舞台芸術交流センター(PARC)との共催で、横浜市で「国際舞台芸術ミーティングin 横浜(TPAM in Yokohama)2011」を開催します。

TPAMは、演劇・ダンス・音楽など舞台芸術に関するマーケットとして1995年より東京で開催してきました。15回目を迎える今年、会場を国際都市・横浜へ移すとともに、名称を「マーケット」から「ミーティング」へと変更し、「出会い」「ネットワーク化」をより重視した催事へと生まれ変わります。

今年のメイン会場は、1月にオープンしたばかりの神奈川芸術劇場(KAAT)、神奈川県民ホール、ヨコハマ創造都市センター(YCC)の3か所です。国内で活躍する若手プレゼンター3名が、三者三様のコンセプトに基づき現在の日本の舞台芸術の一面を切り取って紹介する公演「TPAMディレクション」をはじめ、海外の団体によるショーケース公演、映像や実演を交えて活動を紹介する「ヴィジュアル・プレゼンテーションPlus」、国内外の舞台芸術関係者を招いてのセミナーやミーティングなど、盛りだくさんの内容が用意されています。

近年、海外からの参加者が増え、前回は30の国と地域から約200人が参加したTPAM。今年はヨーロッパの舞台芸術プレゼンターが地域を超えたネットワークの形成を目指して様々な問題について話し合う「IETMアジアサテライトミーティング」も併設されます(2月14日~16日)。国際色豊かな横浜で、国内外の最先端かつ幅の広い舞台芸術シーンに触れることができるTPAM in Yokohamaに足をお運びください。

概要
会期:

2011年2月16日 水曜日 から 2月20日 日曜日
TPAMショーケース対象期間:2011年2月12日 土曜日 から 2月20日 日曜日

会場:

【メイン会場】
神奈川芸術劇場(KAAT)、神奈川県民ホール、ヨコハマ創造都市センター(YCC
【その他の会場】
横浜赤レンガ倉庫1号館、のげシャーレ(横浜にぎわい座)、象の鼻テラス、STスポット横浜、BankART Studio NYKほか

主催:

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2011 実行委員会
(構成団体:国際交流基金/公益財団法人神奈川芸術文化財団/公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/国際舞台芸術交流センター(PARC))

協力: BankART1929、NPO法人STスポット横浜、横浜アートプラットフォーム/急な坂スタジオ、横浜にぎわい座、有限会社ネビュラエクストラサポート(Next)、横浜美術館、Café VacationVELOTAXI、株式会社CINRA、株式会社 みかんぐみ、三本コーヒー株式会社
後援: 外務省、総務省、文化庁、社団法人全国公立文化施設協会、神奈川県、横浜市APEC・創造都市事業本部、神奈川新聞社、NHK横浜放送局、tvk、横浜観光コンベンション・ビューロー、FMヨコハマ

TPAM in Yokohamaに合わせて、ヨーロッパの現代舞台芸術プレゼンターのネットワーク組織・IETMのアジアサテライトミーティングが開催されます。
会期: 2011年2月14日月曜日から2月16日水曜日
会場: 神奈川芸術劇場(KAAT)、神奈川県民ホール、ヨコハマ創造都市センター(YCC)ほか
ホームページ: http://ietm.parc-jc.org

お問合せ:

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2011 事務局
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-2 サウスビル3F
国際舞台芸術交流センター内
Tel: 03-5724-4660 / Fax: 03-5724-4661 /
E-mail / ホームページ: http://www.tpam.or.jp

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 舞台芸術チーム
担当:武田(たけだ)、前田(まえだ)
Tel: 03-5369-6063 Fax: 03-5369-6038

ページトップへ戻る