米国学芸員招へいプログラム 〜米国の主要美術館より11名の学芸員を招へい〜

※ 地震の影響により本プログラムは中止となりました。
関係者の皆様にご案内していた3月18日のフォーラムについても中止いたします。申し訳ありませんがご理解をお願いいたします。

国際交流基金では、米国の主要美術館より11名の学芸員を招へいし、日本の美術についての理解を深めるプログラムを実施します。

米国学芸員招へいプログラム 概要:
招へい期間│ 2011年3月7日~3月19日の2週間

招へい者
Dany Chan(サンフランシスコ・アジア美術館)
Zoe Donnell(タコマ美術館)
Christine Y. Kim(ロサンゼルスカウンティ美術館)
Lisa Lotondo- Mccord(ニューオーリンズ美術館)
Andreas Marks(クラークセンター)
Robert Mintz(ウォルターズ美術館)
Paola Morsiani(クリーブランド美術館)
Catherine Roche(シアトル美術館)
Christine Starkman(ヒューストン美術館)
Lisa Sutcliffe(サンフランシスコ近代美術館)
Douglas Richard Wagner Jr(デンバー美術館)

お問い合わせ

担当:文化事業部造形美術チーム ホイル / 川田
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
Tel: 03-5369-6062 Fax: 03-5369-6038

ページトップへ戻る