第7回 アジア次世代キュレイター会議

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、アジア各国の美術館の次代を担う若手キュレイターが集い、情報の交換と共通の課題に関する議論を通じて、域内のネットワーク構築と、近・現代美術を中心とした継続的な共同研究や展覧会企画の可能性を探ることを目的に、「アジア次世代美術館キュレイター会議」を2005年度より実施しています。

第1回(日本)、第2回(韓国)、第3回(フィリピン)、第4回(日本)、第5回(シンガポール/マレーシア)、第6回(インド)に続いて第7回目となる今回は、横浜トリエンナーレ2011が開催される年でもあることから、再び本会議を日本へ招聘します。日本の現在の美術状況への理解を深め、アジアの美術環境をめぐる問題点と課題をキュレイター間の議論を通じて検討し、アジア太平洋地域と日本の若手キュレイターの交流を促進します。

今回の会議は、日本とアジアを取り巻く美術環境の変化を共有し、その将来を考える上で、多くの課題を提起するものと確信しています。今回はアジア次世代キュレイター会議では初めて全日聴講可能とし、より多くの方々にご参加頂けるよう同時通訳も用意しております。さらに2日目(28日)の会議では、美術に関わる領域で活動していらっしゃる方々からの発表を募集しております。アジアのみならず日本の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

概要

日時:
2011年9月27日 火曜日 ・ 28日 水曜日 ・ 29日 木曜日
会場:
国際交流基金 JFIC「さくら」ホール(東京都新宿区四谷4-4-1)
主催:
国際交流基金
定員:
80名、入場無料、申込制、先着順/ 日英同時通訳
目的:
①日本の美術状況の理解を促進する
②アジア各国参加者の企画交換と協働の可能性を探る
③2000年代のアートシーンの検証と来るべき2010年代のキュレイター像を探る

スケジュール

1日目 9月27日 火曜日 10時 - 17時30分
司会:古市保子(国際交流基金造形美術チーム美術コーディネーター)

第一部 「日本の美術制度の現在」

10時 ~ 10時10分

主催者挨拶    

10時10分 ~ 10時40分

「日本の文化行政について」
栗原祐司 (文化庁文化財部美術学芸課長)    

10時40分 ~ 11時10分

「芸術の国際交流―日本美術を海外へ―」
伊東正伸 (国際交流基金文化事業部企画役)

11時10分 ~ 11時40分

「あのときの未来―廃墟からの出発、第二次大戦後の日本の近・現代美術館」 
水沢勉 (神奈川県立近代美術館館長)   

1140分 ~ 12

質疑応答 / 討論  

12時 ~ 13時

(昼食)  

13時 ~ 13時30分

「地域アートプロジェクトが育む表現とつなぎ手たち―アートマネジメントとマネジメント型アートの現在」
熊倉純子 (東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科教授)

13時30分 ~ 14時

「アーティスト・イン・レジデンス、アートNPOのはじまりから現在」
日沼禎子 (女子美術大学准教授)
14 ~ 1430分 「日本のギャラリーとアートマーケットの現状」
小山登美夫 (小山登美夫ギャラリー株式会社代表取締役社長)
1430分 ~ 15 「アートジャーナリズムを支えるもの」
小崎哲哉 (『REALTOKYO』発行人兼編集長)
15 ~ 1530分 質疑応答 / 討論
1530分 ~ 1540分 休憩
第二部 「東日本大震災と美術」

15時40分 ~ 16時10分

「文化財レスキュー 全国美術館会議の活動」
村上博哉 (国立西洋美術館学芸課長)

16時10分 ~ 16時40分

「被災地の生涯学習施設におけるアートとメディア、活用の事例」
甲斐賢治 (せんだいメディアテーク主幹/企画・活動支援室室長)

16時40分 ~ 17時10分

 「消えたか否か未ださめぬ―身の回りで起った事の全て、津波により無くなった村」 志賀理江子 (写真家)

17時10分 ~ 17時30分

質疑応答 / 討論

2日目 9月28日 水曜日 10時 - 17時30分
「アジア各国の美術状況と企画交換」
司会:片岡真実(森美術館チーフ・キュレイター)
※発表希望者の募集は締切りました。

3日目 9月29日 木曜日
シンポジウム2011「展望:2010年代のアートとキュレイターの役割」

セッション1 「美術とコミュニティ ─ 「関係性の美学」を超えて」 10時10分 - 12時
2000年代のアートシーンを語るにあたり、リレーショナル・アートや参加型アートとよばれる活動の存在は大きい。アジア地域も例外ではない。これらのアートの概念は、世界で活躍するキュレイターたちの仕事の質を変化させ、アジアのアーティストを世界へと押し出す役割を果たすことになったが、一方で限界も指摘されている。一体、これらの概念が、グローバル化する世界の中における各地域のアートにとってどのような働きをしたのか、あるいはどう乗り超えられたのか、その功罪を含め、キュレイターや研究者の報告から問題点を摘出し、次のステップを探るための議論を深めたい。

セッション1 タイムテーブル
司会:林道郎 (上智大学国際教養学部教授)

10時10分 ~ 10時20分

セッション1を始めるにあたって 林道郎

10時20分 ~ 10時40分

「後戻りできない地点」クリッティヤー・カーウィーウォン
(ジム・トンプソン・アートセンター・ディレクター、タイ)

10時40分 ~ 11時00分

「みんなアートが好き?:日本に順応した関係性の美学」
神谷幸江 (広島市現代美術館学芸担当課長、日本)

11時00分 ~ 11時20分

「実存している:東南アジアにおける美学的影響と事実関係」
パトリック・フローレス (フィリピン大学美術学部教授)

1120~ 12 討論

セッション2 「トランスナショナル・ウィルスとしてのアート」 13時30分 - 17時
ポストコロニアリズム的思考の広がりとともに、ディアスポラなど既存の文化的境界を解体するトランスナショナルな動きが美術においても強く注目されるようになっていた。しかし、また一方では、自律的なナショナル・アイデンティティーを美術のなかに見出そうとする動きが活発化してもいる。このセッションでは、アートのなかにウィルスのように巣食うトランスナショナルな契機に目を向け、またナショナルなるものへの欲望をこのウィルスへの抗体として働くものと捉えて、このような背反的状況を検証していきたい。

セッション2 タイムテーブル
司会:田中正之 (武蔵野美術大学造形学部教授)

13時30分 ~ 13時40分

セッション2 を始めるにあたって 田中正之

13時40分 ~ 14時

「国境を越えて―ケース・スタディ:ヴェニスビエンナーレ韓国館とプラットフォーム・ソウル」キム・ソンジョン (SAMUSO ディレクター、韓国)

14時 ~ 14時20分

「アジアの宇宙観とつながりの思想」
片岡真実 (森美術館チーフ・キュレイター、日本)

14時20分 ~ 14時40分

「人は、専門家とジェネラリストに同時になれるか?」
ドリアン・チョン (MoMA絵画・彫刻部門アソシエイト・キュレイターキュレイター、米国)

1440分 ~ 1520分 討論
1520分 ~ 1540分 休憩
1540分 ~ 17

総合討論 司会:林道郎+田中正之

参加申込方法

聴講希望者 締切:9月20日 火曜日
必要事項を明記の上、FAXE-mailasia_curator@jpf.go.jpにお申し込みください。E-mailでお送りの際は必ず件名を「アジア次世代キュレイター会議:聴講希望」としてください。
※ 先着順80名まで。
※ 特別ご連絡しない限り、当日会場においでください。

必要事項:
1. 希望参加日(複数選択可)
 9月27日 火曜日 ・ 28日 水曜日 ・ 29日 木曜日
2. 氏名 (ふりがな)
3. 所属
4. 郵便番号、住所
5. 電話番号
6. FAX番号(お持ちの場合のみ)
7. E-MAILアドレス

送付先 / お問い合わせ
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
国際交流基金 文化事業部造形美術チーム
Tel:03-5369-6062 Fax: 03-5369-6038
E-mail: asia_curator@jpf.go.jp
担当:古市保子 / 村上樹里

ページトップへ戻る