「昭和40年会: We are Boys!」展 ウクライナ、キエフ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本の現代美術アートシーンで活躍中のアーティスト会田誠、有馬純寿、パルコキノシタ、松蔭浩之、大岩オスカール、小沢剛が参加するグループ「昭和40年会」の活動を包括的に紹介する展覧会「昭和40年会:We are boys!」をドイツのデュッセルドルフに続き、2011年11月1日~11月13日までキエフの国立美術館Arsenalにてウクライナ最大のアートフェア、ART-KYIV Contemporary 2011の特別展示として開催します。

「昭和40年会」は主義主張を共にしたアーティストの集まりというよりは、「俺たちは昭和40年に生まれた。ただそれだけだ」を標榜しているアーティストが自然発生的に集まった共同体であり、参加アーティストたちは、アート、写真、音楽、パフォーマンスなど幅広い範囲に亘ってそれぞれの制作を行ってきました。各自のアーティストの表現は異なっているものの、昭和40年(1960年)生まれの世代の時代背景や、ナンセンスや笑い、パフォーマンスなどを取り入れた制作には共通点が見られ、共同でプロジェクトを実施するほか、『昭和40年会の東京案内』などの本を出版しています。
本展覧会ではそれぞれの参加アーティストが各自の作品を展示するだけではなく、「昭和40年会」の共同制作作品としてデュッセルドルフで制作した新作「長屋」、小沢剛とウクライナのアーティストとのコラボレーションによる新しい「なすび画廊」も展示します。また、パフォーマンス、レクチャーなどの各種イベントも実施を予定しております。

展覧会概要

会期

2011年11月1日~11月13日

会場

Art Arsenal(キエフ・ウクライナ)

共催

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)

助成

EU・ジャパンフェスト

出品作家

会田誠、有馬純寿、パルコキノシタ、松蔭浩之、大岩オスカール、小沢剛

キュレーター

D. Gregor Jansen、Inka ChristmannDusseldorf Kunsthalle), Hitomi Hasegawa

公式HP

http://artarsenal.in.ua/eng/

イベントプログラム:

2011年10月30日(日)
午前:ワークショップ (パルコキノシタ)※要事前予約。対象は子供のみ
午後:アーティストトーク (大岩オスカール)

2011年11月1日(火)
13時頃 アーティストトーク(有馬純寿、大岩オスカール、小沢剛、パルコキノシタ、松蔭浩之)
18:00 パフォーマンス(パルコキノシタ)
18:45頃 ソロライブ(有馬純寿)
19時頃 パフォーマンス "ECHO" (松蔭浩之、有馬純寿)

2011年11月2日(水)
19時頃 パフォーマンス ”ECHO“ (松蔭浩之、有馬純寿)

ドイツ
「昭和40年会: We are Boys!」展 2011年5月21日から7月3日 ドイツ デュッセルドルフ

昭和40年会

1994
アートフェアNICAF会場(パシフィコ横浜)にて昭和40年会結成。オリジナルメンバーは、会田誠、大岩オスカール、小沢剛、開発チエ、申明銀、曽根裕、パルコキノシタ、松蔭浩之
1996
開発チエ、申明銀、曽根裕、脱退
1998
土佐正道(明和電機・当時)、加入
1999
有馬純寿、加入
2008
土佐正道、脱退

Page 1 / Page 2

ページトップへ戻る