国際シンポジウム2011 「アジア大学美術館会議」 「コネクト!―― つながるアジアの大学美術館」

国際交流基金では、アジア各国の大学美術館の動向に注目したシンポジウムを開催いたします。

近年、アジア各国の美術大学において大学美術館や展示スペースを設立する動きが活発となっています。アジア各国の美術大学は、それぞれの国の近代化と密接に関わりながら、その国の近代美術史の形成に大きな役割を果たしてきました。また近年は、グローバル化が進む現代美術の世界を視野に入れて、若いアーティストを支援するためのギャラリーを併設する例も多く、そのような文化資本としての美術振興のために、美術教育機関は中心的な役割を果たす必要があり、美術大学と大学付属美術館、付属ギャラリーの重要性は益々重要になってきます。

本シンポジウムでは、各国における大学美術館の歴史と近年の新たな活動に関する発表を通じて、一般の国公立美術館とは異なる大学美術館ならではの使命と意義を明らかにし、今後あるべきアジア域内の大学美術館の将来像を検討し、そのネットワーク化による協働の可能性を探っていきたいと思います。

日時:2011年11月4日 金曜日 10時から18時

会場 国際交流基金JFICホール〔さくら〕
(東京都新宿区四谷4-4-1)アクセス
主催

国際交流基金

参加費 一般公開制、参加無料(事前申込制)
定員 80名 日英同時通訳
参加申込方法 聴講希望者 締切:11月2日 水曜日
下記必要事項を明記の上、FAX:03-5369-6038、E-mail:asia_curator@jpf.go.jp にお申し込みください。
氏名 (ふりがな) 、所属 、郵便番号、住所、電話番号、FAXE-MAILアドレス

プログラム

10:00-12:00 セッションⅠ コレクション:歴史・教育・近代化

美術館の使命として収蔵品の収集・保存があるが、大学美術館にとってのコレクションは他の美術館と異なる意義を持つ。各国の近代化と近代美術史の形成に多大な役割を果たしてきた美術大学においては、その近代美術史を形成する作家たちの重要な作品を収蔵することで、後世の近現代美術史の研究に大きく貢献するとともに、大学出身者の作品を中心とした収集を行うことにより、大学における「美術教育の歴史」を形成するからである。そのような使命をもった各国の大学美術館にそれぞれの現況を発表してもらい、課題と問題点を明らかにする。

モデレーター:田中正之(武蔵野美術大学美術館・図書館 館長)
発表1 薩摩雅登(東京藝術大学大学美術館 教授)
発表2 オ・ジニ(ソウル大学美術館シニア・キュレイター)
発表3 ソン・シマトラング(シラパコン大学アートギャラリー前館長)

13:00-15:00 セッションⅡ 展覧会:先端性と公共性

大学美術館における展覧会の実施は、鑑賞を通した教育の実践だけでなく、若いアーティストやキュレイターの育成を図り、発表の機会を提供することで社会的実践を積ませるという目的も有する。そのため、展覧会の企画や内容あるいは運営方法に、大学美術館ならではの特色が現れる。近年、国公立美術館の独立採算が求められていく中で(独立行政法人化など)、展覧会も興行的に利益を追求することが強く求められるようになったが、大学美術館は、そのような利益の追求とは一線を画した自由を持ち、より先端的で挑戦的な企画を行うことができる。このセッションでは各美術館において何を目指してどのような展覧会を実施しているのかを発表してもらう。

モデレーター:加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)
発表1 王春辰(中央美術学院 学芸研究部長)
発表2 シャビール・フセイン・ムスタファ(シンガポール大学美術館アシスタント・キュレイター)
発表3 マックス・ディラニー(モナシュ大学美術館 館長)

15:00-17:30 セッションⅢ アーカイヴ・ネットワーク

大学美術館のトランスナショナルなネットワーク化を目指すにあたっては、情報の共有こそがその基盤となる。情報共有によって、コレクションの相互活用や展覧会の共同開催の可能性などが開かれてくるだろう。近年、いくつかの大学美術館では、それぞれの研究教育活動やコレクションの活用のためのデータベース化やアーカイヴ化の作業が、先端的情報技術を利用して開発されつつある。このセッションでは、各大学独自で開発されているアーカイヴ作業の現状について情報を共有するとともに、それらをネットワーク化し、活動基盤の共有化の可能性を探っていきたい。

モデレーター:田中正之(武蔵野美術大学美術館・図書館 館長)
発表1 本庄美千代(武蔵野美術大学美術館・図書館 事務部長)
発表2 平芳幸浩(京都工芸繊維大学美術工芸館 准教授)
発表3 渡部葉子(慶應義塾大学アート・センター教授/キュレイター)

17:30-18:00 全体討論とまとめ
18:00-19:00 交流会

お問い合わせ

国際交流基金 文化事業部造形美術チーム
Tel:03-5369-6062 Fax: 03-5369-6038

ページトップへ戻る