Omnilogue: Alternating Currents 展 - オムニログ:オルタネィティング カレント: 3.11以降の日本現代美術 -

Omnilogue: Alternating Currents展

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、「21世紀東アジア青少年大交流計画」(JENESYS Programme)により2010年夏に日本に滞在する機会を得た東アジアのキュレーター/アーティストと、日本人キュレーターとの共同キュレーションによる展覧会をオーストラリアのパースにて開催いたします。1ヶ月~数ヶ月にわたり日本の現代美術シーンを調査した各国のキュレーターと日本人キュレーターが討議を重ね、日本の現代美術を紹介することを目指しています。

Omnilogue」(オムニログ)は、2011年から2012年にかけてパース、インドのニューデリー、そしてシンガポールで開催される三つの現代日本アーティストのグループ展のタイトルです。展覧会は各都市の文化の固有性や地域の文脈を反映し、それぞれ異なる展覧会名と学芸的テーマを設けていますが、多方向の議論を示唆する造語「OmnilogueOmnilogue)」というタイトルのとおり、現代美術をとおして、21世紀の文化交流に関する新しい議論の可能性を切り拓くという目的を共有しています。

会期:2011年11月12日 土曜日 から 12月31日 土曜日 月曜休館 11時から18時

会場 Perth Institute of Contemporary ArtsPICA
Perth Cultural Centre, James Street, Northbridge
Tel: 61 8 6228 9603 www.pica.org.au
主催 国際交流基金、Perth Institute of Contemporary Arts
特別協力 アレンス・アーサー・ロビンソン
参加キュレーター リー・ロブ(キュレーター, パース・インスティチュート・オブ・コンテンポラリー・アート)
橋本梓 (研究員、国立国際美術館)
ハイメ・パセナ (インディペンデント・キュレーター、マニラ、フィリピン)

Alternating Currents’とは?
Current」という語には複数の意味があります。まず「現在」を指し示す語であり、今まさに起こっていることを指し示します。本展ではさまざまな世代の、しかし今まさに紹介すべき6組の作家・グループを紹介しますが、彼らはいずれも音楽、パフォーマンス、映画、インスタレーション、サウンド・アートなど領域横断的・複合的なアプローチを行っています。つまり「Current」とは、今回参加する日本人作家たちが行うジャンル横断的なコラボレーションの動き、そして21世紀の新たな地域コミュニティとのコラボレーションを暗示するものとなります。 また、「Current」とは水や流れ、流動的な動きも意味する語でもあります。これは、スワン川の流れるパースという場所を特に示唆するものです。スワン川が流れ込むインド洋、そして今回の参加キュレーター・作家が作り出す「Current(流れ)」は日本・オーストラリアを含む東アジアの国々をひとつに結びつける母なる海に結びついてもおり、共同キュレーションによる展覧会という構造そのものを示唆しています。

さらにAlternating Currentという語そのものは、電気の流れである「交流電流」を表します。交流電流とは、時間とともに周期的に向きが正反対になり、大きさも異なる電流のことです。これは、この展覧会を通じて私たちが目指すもの――日本からパース、パースからオーストラリアといった一方通行の流れでなく、あるときは共鳴し、あるときはしりぞけあい、強く弱く響きあいながら行われる重層的・双方向的な交流――を意味しています。

こうして、本展覧会のタイトルであるAlternating Currentsは、今回紹介する日本の作家たちが意欲的に取り組んでいる、幾つかの新しい「コラボレーション」のありかたや、地域社会へのコミットの方法を指すものとなります。彼らの実践を通じて、どういったやり方で、どのようなレベルの「コラボレーション」が可能となるのか。パースという地域社会にどのようにコミットすることになるのか。そのことによって、いかなるフィードバックが生じるのか。キュレーターは、展覧会の準備期間と展示、そして会期中に開催されるイベントを通じて、この点を作家と探っていきます。

参加作家

藤本 由紀夫 Yukio Fujimoto

DELETEの写真
DELETE ( KRAFTWERK/MAN MACHINE)
2005
vinyl record

1950年名古屋生まれ、大阪在住。大阪芸術大学にて電子音楽を学ぶ。80年代以後はオルゴールや日用品などを用いたサウンド・オブジェで知られる。2001年にベネツィア・ビエンナーレの日本館代表作家の一人に選出されるなど、国内外で高い評価を得る。1997 年から10年間、美術館のさまざまなスペースを用いた一日だけの展覧会「美術館の遠足」を開催し、空間をまるごと見る・聞く体験を演出した。視覚/聴覚、みること/きくことのあいだにある不可視のつながりを提示している。本展では、石炭を使ったサイト・スペシフィックな新作を発表予定。

泉 太郎 Taro Izumi

くじらのはらわた袋に隠れろ、 ネズミの写真
「くじらのはらわた袋に隠れろ、 ネズミ」展示風景、
アサヒアートスクエア、2010
ミクストメディア

1976年奈良生まれ、東京在住。多摩美術大学院美術研究科修士課程修了。
映像表現の可能性を追求し、ときに大規模なインスタレーションを展開する。近年は、撮影されたもの・された場所に映像を投影し、プロセスと結果、過去と現在を混同させることで、本来不可蝕である映像メディアの「手触り」を表出させる。2010年、神奈川県民ホールにて行われた個展「こねる」は、近年発表した作品の集大成とも言える内容で、映像表現の新しい可能性を示唆した。本展では展示スペースの吹き抜けを生かし、大規模な新作インスタレーションを発表予定。

毛利 悠子 Yuko Mohri

相模湾大水槽の写真
《相模湾大水槽》
ギャラリー20202(ツーオーツーオーツー)
2010
写真:松尾宇人

1980年生まれ、東京在住 。多摩美術大学情報デザイン学科卒業後、東京芸術大学大学院先端芸術表現科にて修士号を取得。コンピューターの誤作動を増幅させ視覚化した作品などで知られるが、毛利の試みは当初そう思われていたような「メディア・アート」という枠にはおさまらない。とりわけ近年は、機械や物そのものを組み合わせることによって生じる有機的な繋がりの面白み、その滑稽さやグロテスクさに着目し、さまざまなガジェットやデバイスを組み合わせたインスタレーションを発表。他作家とのコラボレーションによるパフォーマンスも行っている。パースでは照明装置等を用いた新作を発表予定。

Nadegata Instant Party

24 OUR TELEVISIONの写真
2010 Nadegata Instant Party
《24 OUR TELEVISION》2010, 国際芸術センター青森

中崎透、山城大督、野田智子の3名で構成される「本末転倒型オフビートユニット」。2006年より活動を開始。地域コミュニティにコミットし、その場所において最適な「口実」を立ち上げることから作品制作を始めている。インスタレーション、イベントなどに様々な人々を巻き込み、「口実」によって「現実」が変わっていくプロセスそのものが彼らの作品行為である。パースではウラン採掘の副産物の呼称である「イエロー・ケーキ」をキーワードにしたプロジェクトを展開。
会場であるPICAに期間限定のカフェ「イエロー・ケーキ・ストリート」を開業する。
プロジェクト詳細はこちらhttp://www.yellowcakestreet.net/

大友 良英 Yoshihide Otomo

大友 良英氏の写真

1959年横浜市生まれ。東京在住。ギタリスト/ターンテーブル奏者として、ジャズ、実験音楽などジャンルを問わず国内外のさまざまな音楽家との演奏活動を行う。映画、TVドラマの作曲も数多く手がけている。2008年に山口情報芸術センター[YCAM]で行われた「大友良英 /ENSEMBLES」展に続き、2010年には水戸芸術館にて「アンサンブルズ2010-共振」を開催。 音楽家のみならず美術家・建築家・地域住民らとの幅広い協働プロジェクトであり、展示・コンサート・パレードなどそこで起こる出来事すべてにおいて、参加者のアイデアとエネルギーが響きあい、反発し、新しい流れを生み出す。本展では[プロジェクトFUKUSHIMA!」に因んだ映像作品を展示するとともに、12月10日にパースの人々を巻き込んだコンサートを予定している。

須川 咲子 Sakiko Sugawa

ICRJのロゴ画像

1978年京都生まれ、京都在住。ニューヨーク市立大学卒業。hanareのディレクター/ウェイトレスとして、21世紀型公民館Social Kitchenを運営。多様な背景を持つ人々が集まり自由に会話し、食事し、議論ができる開かれた場を提供している。個人としても、イスラエル・パレスチナ問題を扱う40年間継続予定のプロジェクトを展覧会の形式で発表するなど、国内外で活動を行っている。政治・民族・ジェンダー・食などの身近な社会問題に対して、より現実的でハッピーなアプローチによる「抵抗」の方法を提案し続ける。東日本大震災を受け、パースでは「日本再建支援国際会議」プロジェクトを展開し、現地の移民やマイノリティに訴え、窮地にある日本に対する提案を求める。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 造形美術チーム
担当:古市 E-mail

ページトップへ戻る