日米桜寄贈100周年記念:津軽三味線“あべや”西海岸ハワイ巡回公演

津軽三味線“あべや”西海岸ハワイ巡回公演

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日米桜寄贈100周年記念事業として、米国西海岸5都市(サンフランシスコ、シアトル、デンバー、ポートランド、ロサンゼルス)と、ハワイ・ホノルルにおいて、津軽三味線邦楽公演を実施します。

津軽三味線ユニット“あべや”は、米国をはじめ多数の海外公演で定評のある「津軽合奏団“風”KAZE」の主要メンバー阿部秀三郎が代表をつとめ、津軽三味線全国大会で優勝した阿部金三郎・銀三郎兄弟、数多くの民謡チャンピオンに輝く根本麻耶などの若手演奏家を中心とした、日本を代表する津軽三味線ユニットです。

“あべや”は津軽三味線の伝統曲から民謡の定番、更には創作曲まで多様な演目を自在にこなし、日本人の文化と活力を伝える民謡唄・横笛・太鼓・踊り等を交えた、理屈抜きに楽しめる、エンターテイメント性豊かな日本民俗音楽を紹介します。

公演・ワークショップ日程: 2012年4月9日 月曜日 から 4月19日 金曜日

ロサンゼルス
日時:
2012年4月9日 月曜日 7:00pm
会場:
Zipper Hall, The Colburn School
共催:
在ロサンゼルス日本国総領事館
※4月10日火曜日ワークショップ開催
ポートランド
日時:
2012年4月12日 木曜日 7:30pm
会場:
Lincoln Recital Hall, Portland State University
共催:
在ポートランド日本国総領事館、ポートランド州立大学日本研究センター
シアトル
日時:
2012年4月13日 金曜日 7:30pm
会場:
Illsley Ball Nordstrom Recital Hall at Benaroya Hall
共催:
在シアトル日本国総領事館、シアトル桜祭り・日本文化祭実行委員会
サンフランシスコ
日時:
2012年4月15日 日曜日 4:30pm
会場:
Cowell Theatre, Fort Mason Center
共催:
在サンフランシスコ日本国総領事館、フォートメーソンセンター、北加日米協会、北加桜祭り委員会
デンバー
日時:
2012年4月17日 火曜日 6:30pm
会場:
Wellington Webb Municipal Building
共催:
在デンバー日本国総領事館、アーツ&ベニュー・デンバー
ホノルル
日時:
2012年4月19日 木曜日 7:30pm
会場:
Orvis Auditorium, University of Hawaii at Manoa
共催:
在ホノルル日本国総領事館、ハワイ大学マノア校
※4月20日金曜日ワークショップ開催

出演者

  • 阿部 秀三郎 (あべ ひでさぶろう) / “あべや”代表 (津軽三味線、太鼓等)
  • 阿部 金三郎 (あべ きんざぶろう) / 津軽三味線・横笛
  • 阿部 銀三郎 (あべ ぎんざぶろう) / 津軽三味線
  • 根本 麻耶 (ねもと まや) / 津軽三味線、唄、踊り
  • 五木田 竜 (ごきた りゅう) / 津軽三味線
  • 安藤 龍正 (あんどう たつまさ) / 津軽三味線・踊り

公演ツアースタッフ

  • 寺村 成海 / 公演団代表 (演出、制作)
  • 中坪 大輔 / 舞台監督 (公演団副代表)

演目と構成

(1)古調じょんがら節 / 津軽じょんがら中節 / 津軽じょんがら大合奏

津軽三味線では一番有名な曲である『津軽じょんがら節』。一般的に幕末から明治20年位迄の一番古くて素朴な味わいの奏法(節)を『旧節(古調)』、昭和の初めまでの奏法を『中節』、それ以後現在までの奏法を『新節』と呼んでいます。古い奏法から現代的奏法、ソロによる旧節(古調)、4名合奏による中節、6名全員の大合奏による新節の聴き較べにより、津軽三味線の歴史を音で紹介。

(2)十三の砂山 / 津軽山唄 / 黒石よされ節

津軽地方の盆踊りで歌われていた『十三の砂山』を唄のソロで、山中にこだまする哀愁のある響きの『津軽山唄』を横笛のソロで、津軽民謡には珍しく楽しげなリズムの『黒石よされ節』を三味線・笛太鼓の合奏で、津軽三味線発祥地である青森県に伝わる伝統曲独特の風情を描きます。

(3)あべや創作曲・饗炎

津軽三味線の持つ、古臭く地味で暗いイメージの部分を吹き飛ばすような、“炎の如き競演”の意味合いのもと、グループの中心メンバーで日本全国大会優勝の金三郎・銀三郎兄弟のオリジナル曲から、現代の若者らしい華やかで技巧的なスタイルでの演奏が見所です。

(4) 津軽三味線の曲弾き合戦

プロ演奏家の登竜門として日本各地で毎年行なわれている津軽三味線全国大会コンクールのハイライトシーンである曲弾き合戦を再現するコーナー。熱気溢れる若者達の戦いが繰り広げられ、観客側も拍手と歓声により審査員を追体験できる特別なパフォーマンスです。

(5)花笠音頭(山形県民謡) / ソーラン節(北海道民謡) / 牛深ハイヤ節(熊本県民謡) / 安来節・どじょうすくい(島根県民謡) / 西馬音内盆踊り唄(秋田県民謡) / 相馬野馬追い(福島県民謡)

日米桜寄贈100周年記念の『桜祭り』掛けて、日本各地に伝わる『祭り』をテーマに分かりやすい解説を交えて綴る民謡メドレー。観客は手拍子や掛け声で参加しやすく、公演により日本のリズムに親しむことができます。

[お問い合わせ]

国際交流基金 (ジャパンファウンデーション)
文化事業部舞台芸術チーム
担当:阿部・庭山
TEL. 03-5369-6063 FAX. 03-5369-6038

ページトップへ戻る