TOKYO 1955-1970:新しい前衛」展

「TOKYO 1955-1970:新しい前衛」展の画像

1955年から1970年におよぶ年月は、戦後日本の進路を決めるうえで重要な歴史的岐路となりました。その間に東京は戦争で疲弊した国家の首都から、通商産業のみならず芸術、文化の分野でも国際的に注目される都市へと変貌を遂げています。東京を舞台に、時代の尖端を拓く様々な芸術作品が産みだされていきました。ところが、創造性豊かな作家と、かれらの行為のネットワークが比類ない集中をみせたこの時期に焦点を絞った本格的な展覧会、出版物は、これまで企画されることがありませんでした。

「東京1955-1970」展は、絵画、彫刻、ドローイング、写真、グラフィック・デザイン、実験映画、アニメーションなど多様なメディアの作品を網羅し、作家たちが急速に成長し、変身する首都のエネルギーを吸収して手がけた種々の前衛的な試みを紹介するものです。この時期の東京において繰り広げられた作家、作家集団、創作行為のきわめて密度の濃い相関を明らかにすることによって、都市を孵卵器として展開する芸術界の異種交配、共同作業、そして時には葛藤の物語を披露します。
展覧会はメタボリズムを中心とする建築、1950年代、60年代の具象的な絵画、実験工房、反芸術とハイレッドセンター、草月アートセンターでの活動、写真、グラフィックアート等のセクションに分かれ、日本からの出品作品とともにニューヨーク近代美術館の所蔵するコレクションから選ばれた作品が約300点展示されます。

本展覧会は、国際交流基金とニューヨーク近代美術館との共催により実施されます。国際交流基金は戦後美術を総括した大規模な展覧会「Japanese Art After 1945: Scream Against the Sky」を1994年から95年にかけてグッゲンハイム美術館、サンフランシスコ近代美術館との共催にて実施しましたが、それから17年を経て、60年代を中心とした現代美術を21世紀の新たな視点からご紹介いたします。近年、日本戦後美術史への関心と研究が米国を中心に高まりをみせる中、烈しく動揺しながら活気に満ちたこの時期の東京が育んだ作品群の多面性、多元性を提示しようとする本展覧会の試みは、大きな注目を集めるものと期待されます。

主な出品作家
赤瀬川原平、粟津潔、池田龍雄、草間彌生、小島信明、高松次郎、中西夏之、中村宏、浜田知明、福島秀子、山口勝弘、横尾忠則

展覧会概要

会期 2012年11月18日(日) - 2013年2月25日(月)
(内覧会:11月13日-17日)
会場

ニューヨーク近代美術館(6階特別展示室を予定)

キュレーター Doryun Chong (Associate Curator of Painting and Sculpture,The Museum of Modern Art)
Nancy Lim(Curatorial Assistant)
主催 国際交流基金、ニューヨーク近代美術館
協力 日本航空 日本航空の画像
The International Council of The Museum of Modern Art, The Contemporary Arts Council of The Museum of Modern Art, and ITOCHU international Inc.

※本事業は、国際交流基金設立40周年を記念する事業の一つです。

中村宏 「円環列車A(望遠鏡列車)」 1968年 東京都現代美術館の画像
中村宏 「円環列車A(望遠鏡列車)」 
1968年 東京都現代美術館蔵

浜田知明「初年兵哀歌(歩哨)」の画像
浜田知明 「初年兵哀歌(歩哨)」
1954年 徳島県立近代美術館蔵

小島信明「無題」1964ー1966年頃 東京都現代美術館蔵の画像
小島信明 「無題」 
1964ー1966年頃 東京都現代美術館蔵

赤瀬川原平「復讐の形態学(殺す前に相手をよく見る)」1963年 名古屋市立美術館蔵の画像
赤瀬川原平 「復讐の形態学(殺す前に相手をよく見る)」
1963年 名古屋市立美術館蔵

高松次郎 「瓶の紐」 1963年 個人蔵の画像
高松次郎 「瓶の紐」 1963年 個人蔵 
撮影:山本糾 © The Estate of Jiro Takamatsu, courtesy of Yumiko Chiba Associates

松本俊夫 「銀輪」の画像
松本俊夫 「銀輪」 
1956年 東京国立近代美術館フィルムセンター
© 徳間書店株式会社

靉嘔「田園」1956年 東京都現代美術館蔵の画像
靉嘔 「田園」 1956年 東京都現代美術館蔵

[お問い合わせ]

国際交流基金 文化事業部米州チーム
担当:岡部美紀E-mail / 山田恵津子E-mail
〒160-0004 新宿区四谷4-4-1  
Tel:  03-5369-6061  Fax:  03-5369-6038

ページトップへ戻る