山口とも + おおたか静流 + 向島ゆり子 東ティモール公演〜ともにつくる音楽の輪〜

日本・東ティモール外交関係樹立10周年記念“平和年”事業の画像

山口とも + おおたか静流 + 向島ゆり子 東ティモール公演~ともにつくる音楽の輪~の画像
左より山口とも、おおたか静流、向島ゆり子
PHOTO BY TOSHIYA SUZUKI

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本と東ティモールの外交関係樹立10周年を記念して、11月14日~11月19日、日本・東ティモール外交関係樹立10周年記念“平和年”事業として、東ティモールの青少年を対象に、山口とも、おおたか静流、向島ゆり子による公演とワークショップを行います。

東ティモールには、時代によって異なるジャンルの音楽をよりどころとしてきた歴史があり、音楽は同国の人々のアイデンティティと強く結びついているといわれます。また、15歳以下の人口の割合が非常に高い国です。本公演は、日本と東ティモールの長期的な友好を祈念し、音楽を通じて二国間の交流を促進させることを目的として、東ティモールの未来を担う青少年に日本文化を紹介します。

公演では、廃材等から新たな打楽器を作り出すパーカッショニスト山口とも、2012年3月に東日本大震災復興支援事業において国連本会議場でも民謡等を披露した、NHK「にほんごであそぼ」でもおなじみの歌手おおたか静流、そして多様なジャンルの音楽を豊かな表現力で奏でるヴァイオリン、ビオラ奏者向島ゆり子が共演。童謡『かわいい魚屋さん』や民謡『でんでらりゅうば』、現地の曲『マイ ファリ エ』などに加え、東ティモールからの東日本大震災への復興支援に対する感謝の意を込め、楽曲『東北』なども演奏します。ワークショップにおいては、現地の廃材等を用いた山口ともの「廃材打楽器ワークショップ」や、言語の異なる観客にも訴求力のあるおおたか静流の「声のワークショップ」を実施。ワークショップで制作した楽器を公演で活用するとともに、現地アーティストとの共演も予定しています。

「をちこちMagazine」に山口とも氏によるレポート「東ティモールの子どもたちと共に創った音楽の輪」を掲載しました。をちこち

公演日程 11月14日から11月19日

バウカウ

日程:11月14日(水) ワークショップ、15日(木)公演
会場:ベニラレ女子孤児院

ディリ

日程:11月16日(金)ワークショップ、公演
会場:セント・ピーター高校

日程:11月18日(日)交流・ワークショップ
会場:アーティスト団体アルテモリス

日程:11月19日(月)公演
会場:日本大使館多目的ホール

出演者プロフィール

山口とも (やまぐち とも)

山口とも (やまぐち とも)の画像
PHOTO BY TOSHIYA SUZUKI

パーカッショニスト。東京都出身。祖父山口保治は、「かわいい魚屋さん」「ないしょないしょ」など数々の童謡をつくった作曲家。父山口浩一は、新日本フィルハーモニーのティンパニー名誉首席奏者。つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入り、1980年「つのだ☆ひろとJAP'S GAP'S」でデビュー。 解散後、中山美穂・今井美樹・平井堅・石井竜也・サーカスなど、数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加。 95年音楽劇「銀河鉄道の夜」をきっかけに、廃品からオリジナル楽器を作るようになる。以来、廃品打楽器を使った独自のパフォーマンスを展開し、全国各地で老若男女を魅了するコンサートを数多く行っている。 希有なキャラクターが評価を受け、2003年4月からNHK教育テレビで放送された「ドレミノテレビ」では、UAとともに進行役を勤め、親しみやすいキャラクターと音楽性の高さから人気を博した。その他テレビ出演も多数。
公式Webサイト

おおたか静流(おおたか しずる)

おおたか静流(おおたか しずる)の画像
PHOTO BY TOSHIYA SUZUKI

七色の声を自由に操る、ノン・ジャンルのシンガー&ボイス・アーティスト。 数百曲に及ぶTVCMでの歌唱や映像、絵画、朗読、ダンスとのコラボレーション等ジャンルや国境を越えた音楽活動を展開している。 「声のお絵描き」主宰、NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」にレギュラー出演中のほか、山口とも氏、梅津和時氏、久米大作氏など、多くの著名アーティストとともにライブ活動も展開。 「花~すべての人の心に花を~」「悲しくてやりきれない」等ヒット曲をはじめ、民謡や沖縄民謡等を歌唱。 震災復興を願った『東北』を作成し、2012年3月に国際交流基金が主催した震災復興支援公演において、ニューヨーク国連本会議場を含む、米国・フランス計3都市で歌唱、各地で絶賛された。
公式Webサイト

向島ゆり子(むこうじま ゆりこ)

向島ゆり子(むこうじま ゆりこ)の画像
PHOTO BY TOSHIYA SUZUKI

ヴァイオリン、ビオラ、アコーディオンアーティスト。3才よりヴァイオリン、ピアノを学び、学生の頃より音楽活動をはじめる。
その後、工藤冬里らとの「マシンガンタンゴ」や、久下恵生、篠田昌巳、今井次郎らとの「PUNGO」、清水一登、れいち、渡辺等、 今掘恒夫らとの「おU」、梅津和時、巻上公一らとの「ベツニナンモクレズマー」、坂本弘道、水谷浩章との 「酒井俊&string trio」など様々なバンドに関わる。
08年にはおおたか静流とのフランス公演等に参加。芝居や舞踏、テレビラジオ番組の作編曲および演奏、CMやスタジオ、コンサートと幅広く活動。ジャンルもロック、シャンソン、タンゴ、jazz、フリー、ワールド、民謡までと多岐にわたる。

公式Webサイト

[お問い合わせ]

独立行政法人 国際交流基金
文化事業部 アジア・大洋州チーム(担当:玄田)
TEL: 03-5369-6062

ページトップへ戻る