日本・イスラエル現代演劇国際共同制作 蜷川幸雄演出 エウリピデス作 ギリシャ悲劇「トロイアの女たち」

蜷川幸雄演出 エウリピデス作 ギリシャ悲劇「トロイアの女たち」の画像1

蜷川幸雄演出 エウリピデス作 ギリシャ悲劇「トロイアの女たち」の画像2

国際交流基金 (ジャパンファウンデーション) は、東京芸術劇場およびイスラエル・テルアビブ市立カメリ・シアターとの共催で、日本・イスラエル現代演劇共同制作「トロイアの女たち」をイスラエルで上演します。日本、そしてイスラエルのユダヤ系・アラブ系という3つの文化圏の俳優が出演する意欲的な試みとして、2010年から3年がかりで取り組んできたプロジェクトです。

本作はイスラエルでの公演を前に、東京芸術劇場主催のもと東京で初演を迎えます。演出は日本を代表する演出家、蜷川幸雄。日本、そしてイスラエルのユダヤ系・アラブ系という3つの文化圏の俳優が出演し、それぞれ日本語・ヘブライ語・アラビア語で台詞を語り、戦いに敗れて愛する夫や息子を殺され、故国を追われて生きる女たちの悲劇と激情を演じます。異なる文化や言語を持つ他者との共生、政治的葛藤とそれが生み出す悲劇など今日の世界に通じる普遍的な問題を提起する作品をぜひご覧ください。

キャスト・スタッフ


エウリピデス

翻訳
(和訳) 山形治江
(ヘブライ語訳) シモン・ボウザグロ (Shimon Bouzaglo)
(アラビア語訳) アミン・サラーム (Amin Salaam)
(翻訳協力) 光永光翼

演出
蜷川幸雄

ドラマターグ
ヴァルダ・フィッシュ
秋島百合子

出演
ヘカベ (トロイアの女王) 白石加代子
ポセイドン (神) アシュラフ・バルホウム
アテナ (神) シリ・ガドニ
タルテュビオス (ギリシャの伝令使) マフムード・アブ・ジャズィ
カッサンドラ (ヘカベの娘。巫女) オーラ・シュウール・セレクター
アンドロマケ (ヘカベの息子ヘクトルの妻) ラウダ・スリマン
メネラオス (スパルタの将軍ヘレネの元夫) モティ・カッツ
ヘレネ (戦争の原因を生んだスパルタの美女) 和央ようか

企画制作
東京芸術劇場

※本事業は、国際交流基金設立40周年を記念する事業の一つです。

東京公演

日程 2012年12月11日 (火) ~12月20日 (木)
会場

東京芸術劇場 プレイハウス (中ホール)

主催

東京芸術劇場 (公益財団法人東京都歴史文化財団)
東京都 / 東京文化発信プロジェクト室 (公益財団法人東京都歴史文化財団)

共催

テルアビブ市立カメリ・シアター

助成

文化庁 (平成24年度文化庁国際芸術交流支援事業) / イスラエル外務省

提携

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

特別協力 独立行政法人国際交流基金
協力

在イスラエル日本大使館 / イスラエル大使館

イスラエル公演

日程 2012年12月29日 (土) ~2013年1月5日 (土)
会場

テルアビブ市立カメリ・シアター

企画制作

東京芸術劇場

主催

テルアビブ市立カメリ・シアター

共催

東京芸術劇場 (公益財団法人東京都歴史文化財団)
東京都 / 東京文化発信プロジェクト室 (公益財団法人東京都歴史文化財団)
独立行政法人国際交流基金

助成

イスラエル外務省

後援 外務省
協力

在イスラエル日本大使館 / イスラエル大使館

※その他の詳細は東京芸術劇場のウェブサイトをご覧ください。

東京公演のチケット取り扱い

東京芸術劇場
東京芸術劇場ボックスオフィス

Tel: 03-5391-3010 (休館日を除く10:00~19:00)
http://www.geigeki.jp/t/ (PC)
http://www.geigeki.jp/i/t/ (携帯)

彩の国さいたま芸術劇場
Tel: 0570-064-939 (休館日を除く10:00~19:00)
http://www.saf.or.jp/ (PC)
http://www.saf.or.jp/mobile/ (携帯)

チケットぴあ
Tel: 0570-02-9999 【Pコード:423-362】
http://pia.jp/t (PC・携帯)

お問い合わせ

東京芸術劇場
東京芸術劇場ボックスオフィス
Tel: 03-5391-3010 (休館日を除く10:00~19:00)

国際交流基金
文化事業部 欧州・中東・アフリカチーム
担当:北川
Tel: 03-5369-6063 Fax: 03-5369-6038

※東京公演のチケットのご購入は前記のチケット取扱窓口までお願いいたします

ページトップへ戻る