日本・韓国・中国 共同制作演劇「祝/言」プレイベント 〜ドラマリーディング&音楽公演及びパネルディスカッション〜

日本・韓国・中国 共同制作演劇「祝/言」プレイベントの写真

国際交流基金は青森県立美術館との共催により、日中韓共同制作演劇プロジェクト「祝/言」(しゅうげん)を実施しております。
本プロジェクトは、日本のリージョナルシアターの代表格といえる劇団「弘前劇場」主宰の長谷川孝治(青森県立美術館舞台芸術総監督)を中心とした、東北をベースに活動する演劇人が、韓国と中国の俳優、舞踊家、音楽家、写真家等と交流・共同制作しながら、新しい作品を創作するものです。 その成果となる新作「祝/言」は、2013年秋以降、日中韓計8都市(青森、大田、ソウル、全州、北京、上海、仙台、東京)を巡回公演する予定です。
このたび、本公演のプレイベントとして、「祝/言」出演者による音楽公演&ドラマリーディングを上演するとともに、日中韓各国で活躍する劇作家をパネリストにお迎えし、“日中韓における演劇共同制作の可能性と課題”をテーマにパネルディスカッションを実施します。

「をちこちMagazine」に、パネルディスカッションを収録した記事を掲載しました。

概要
日時: 2013年3月8日(金曜日) 18時~20時30分 (17時30分開場)
会場:

韓国文化院ハンマダンホール  東京都新宿区四谷4-4-10

主催:

国際交流基金、青森県立美術館

【第一部】
演劇「祝/言」プレ公演“写真・演奏家・舞踊家・俳優による”
脚本・構成・演出:
長谷川孝治(青森県立美術館舞台芸術総監督)
写真:
鈴木理策(日本)/キム・ジヨン(韓国)
出演:
アンサンブル・シナウィ(韓国国楽アンサンブル)、斎藤沙希(青森県・津軽三味線奏者)、浅野 清(青森県・日本舞踊)、キム・ソナ(韓国・劇団コルモッキル)、イ・ヨンスク(韓国)、李丹(中国)、相澤一成(宮城県・アクトレインクラブ)、佐藤隆太(福島県・劇団鳥王一座)、高橋淳(岩手県・弘前劇場)
【第二部】
パネルディスカッション“日中韓における演劇共同制作の可能性と課題” (同時通訳あり)
コーディネート: 
横道文司 (国際交流基金文化事業部アジア大洋州チーム長)
パネリスト: 
長谷川孝治(青森県立美術館舞台芸術総監督、「祝/言」劇作・演出家)
朴根亨(パク・グニョン)(韓国劇作・演出家)
喩榮軍(ユイ・ロンジュン)(上海話劇芸術センター劇作・演出家)

参加申し込み

3月7日までに、ご氏名、ご所属、申込人数及びご連絡先(事務局より申し込み確認のためのご連絡を差し上げます)をFAX: 03-5369-6038 または E-mail 宛てにお送りください。

お問い合わせ

国際交流基金
文化事業部アジア大洋州チーム 担当:徳増
TEL 03-5369-6062  FAX 03-5369-6038  E-mail

ページトップへ戻る