平成14年度 国際交流基金海外公演主催事業 邦楽・中国公演

こちらの事業は、旧機構時のものです。
お問い合わせは、E-mailまでご連絡ください。


平成14年度 国際交流基金海外公演主催事業 邦楽・中国公演
平成14年9月1日~16日 天津、北京、蘇州、上海、南京及び広州の6都市 邦楽中国公演の様子

事業概要

日中国交正常化30周年記念及び国際交流基金設立30周年記念事業の一環として、中国において邦楽巡回公演を行ないます。
中国の地方都市にまでまとまった形で邦楽公演を実施することは国際交流基金としては初の機会となります。
演奏団は邦楽の多様なジャンルから成る構成と、さらに、伝統的な純粋邦楽のみならず、他ジャンルとのコラボレーションといった現代的な試みを行なっているアーティストによる演奏も組み入れられ、邦楽を総合的に紹介することをめざします。公演のほかに、各地の音楽関係者等との交流会も実施されます。


公演構成

第一部:
箏、尺八、琵琶、長唄三味線、太鼓による伝統的な邦楽の紹介(60分)
第二部:
津軽三味線、沖縄三線、中国三弦による共演・コラボレーション(60分)

事業実施形態

  1. (1)主催:国際交流基金、中国人民政治協商会議
  2. (2)協力:中国対外文化交流協会、中外文化交流センター
  3. (3)後援:在中国日本大使館、広州日本総領事館及び上海日本総領事館(予定)

スケジュール

9/1 天津着
9/3 天津公演(天津賓館中劇場-850名)
9/4 天津から北京に移動
9/5 北京公演(朝陽文化会館-600名)
9/6 京劇との交流会(朝陽文化会館-600名)
9/7 北京から蘇州に移動
9/8 蘇州での交流会、上海に移動
9/9  上海音楽院での交流会(予定)
9/10 上海公演(上海政治協商会議内ホール-300名)
9/11 上海から南京に移動
9/13 南京公演(南京文化芸術センター大ホール-900名)
9/14 南京から広州に移動
9/15 広州公演(白天鵝ホテル内ホール-300名)
9/16 帰国
公演団構成
名誉団長 藤井 宏昭 国際交流基金理事長(天津、北京)
団長 吉野 草平 国際交流基金常務理事(上海、南京、広州)
団長 山崎 正親 国際交流基金北京事務所長(天津、北京)
秘書長 ジン・フェイ 在中国日本大使館文化顧問、北京市政協香港・台湾・マカオ 華僑工作顧問
演奏者
善養寺 啓介 (尺八)
稲葉 美和 (筝)
坂田 美子 (琵琶)
杵屋 邦寿 (長唄三味線)
松永 鉄九郎 (長唄三味線)
川島 祐介 (囃子)
費 堅蓉 (中国三弦)
新良 幸人 (沖縄三線)
サンデー (沖縄鳴物)
安仲 由佳 (津軽三味線)
金田一 公美 (津軽三味線)
構成・演出 小野木 豊昭((有)古典空間)
舞台監督 津嘉山 弘
照明 崎浜 秀司
音響 浜端 栄作
制作 照屋 幹夫(沖縄市経済文化部文化振興課)
制作 志田 真木
企画・制作 桶田 真理子(国際交流基金公演課)

ページトップへ戻る