JENESYS Programme 東アジアクリエータ招へいプログラム

美術分野の国際交流を効果的に進めるため、美術関係者等の交流を促進するとともに、美術関連情報の収集・発信を行ないます。

日本各地のアーティスト・イン・レジデンス実施団体等と協力して、アジア大洋州13カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジア、インド、オーストラリア、ニュージーランド)から、若手の芸術家やデザイナーなどクリエイティブな活動に従事する人々を毎年20名、日本に招へいします。本プログラムを通じて、滞在制作やネットワーク形成を支援し、新たな芸術交流の推進と国際相互理解の深化を目指します。

報告書 2010/2011、2011/2012

JENESYS Programme 東アジアクリエータ招へいプログラム報告書 2010/2011、2011/2012
全35ページ 【PDF:5.18MB】

*PDFで全文をご覧いただくことが可能です。

JENESYS Programme 東アジアクリエータ招へいプログラム報告書 2010/2011、2011/2012」この報告書では、同プログラムの2011~2012年にかけて実施されたプログラムの活動記録、招へいアーティストによる展覧会、終了後のフォローアップの様子などを掲載しています。

報告書 2009/2010

JENESYS Programme 東アジアクリエータ招へいプログラム報告書 2009/2010
全27ページ 【PDF:2.20MB】

*PDFで全文をご覧いただくことが可能です。

JENESYS Programme 東アジアクリエータ招へいプログラム報告書 2009/2010」 この報告書では、同プログラムの2009~2010年にかけて実施されたプログラムの活動記録、招へいアーティストによる展覧会、終了後のフォローアップの様子などを掲載しています。

報告書 2007~2009

「東アジアクリエーター招へいプログラム」活動報告書2007/2008・2008/2009
全62ページ 【PDF:4.64MB】

*PDFで全文をご覧いただくことが可能です。

JENESYS Programme 東アジアクリエータ招へいプログラム報告書 2007~2009」 国際交流基金では、日本各地のアーティスト・イン・レジデンス実施団体等と協力して、アジア大洋州13カ国から、若手の芸術家やデザイナーなどクリエイティブな活動に従事する人々を、日本に招へいし、滞在制作やネットワーク形成を支援し、新たな芸術交流の推進と国際相互理解の深化を目指しています。 この報告書では、2007年から2009年にかけて実施されたプログラムの活動記録、招へいアーティストによる展覧会、終了後のフォローアップの様子などを掲載しています。

関連するJENESYS Programme
JENESYS次世代リーダープログラム
グループB 「文化を生かしたまちづくり~創造都市の可能性~」


JENESYS Programme

 

*本事業は、 「21世紀東アジア青少年大交流計画 Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths (JENESYS) Programmeの一環です。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る