サンパウロ・ビエンナーレ 26回 6.出品作家略歴(畠山直哉)

畠山直哉 HATAKEYAMA NAOYA 東京都在住

主な略歴
1958年 岩手県に生まれる。
1981年 筑波大学芸術専門学郡総合造形コース卒業
1984年 筑波大学大学院芸術研究科修士課程修了
1997年 第22回木村伊兵衛写真賞受賞
2000年 第16回東川賞国内作家賞受賞
2001年 第42回毎日芸術賞、第49回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館参加
2003年 日本写真協会年度賞受賞
主な個展
2000年 Lime Works コロンビア大学建築ギャラリー、ニューヨーク
Underground L.A.ギャラリー、フランクフルト
2001年 Under Construction AAスクール、ロンドン / コロンビア大学建築ギャラリー、ニューヨーク
2002年 Slow Glass ノーザン・ギャラリー、サンダーランド / ウィンチェスター・ギャラリー、ウィンチェスター / インプレッションズ・ギャラリー、ヨーク / ディック・インスティチュート、キルマルノックほか英国各地を巡回
Naoya Hatakeyama クンストフェライン・ハノーヴァー、ドイツ / クンストハレ・ニュルンベルグ、ドイツ / ハウス・マルセイユ写真財団、アムステルダム
「畠山直哉写真展」 岩手県立美術館、盛岡/国立国際美術館、大阪
Slow Glass L.A.ギャラリー、フランクフルト
Slow Glass タカ・イシイギャラリー、東京
2003年 Naoya Hatakeyama アルル国際写真の出会い、アルル、フランス
Naoya Hatakeyama BBK財団、ビルバオ、スペイン
Atmos タカ・イシイギャラリー、東京
主なグループ展
2000年 「予兆:アジアの映像芸術展」 国際交流基金フォーラム、東京
Yume no Ato 日本の現代美術」 ハウス・アム・ヴァルトゼー、ベルリン / クンストハレ・バーデンバーデン、ドイツ
2001年 「バウアートハイデルベルクセメント社
コレクション展」
クールプファルツ博物館、ハイデルベルク、ドイツ
「ファースト&スロウ」 第49回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館、イタリア
「無の精神性」 バンカハ財団、バレンシア、スペイン
「アバウト・オブ・ジャパン」 ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館、ロンドン
「モネの遺産:シリーズ-規律と欲望」 ハンブルク・クンストハレ、ドイツ
「アーバン・ポルノグラフィー」 ジ・アーティスト・スペース、ニューヨーク
「新しき故郷」 フランクフルト・クンストフェライン、ドイツ
2002年 「未完の世紀:20世紀美術がのこすもの」 東京国立近代美術館、東京
「エピソード」 ウォーウィックアーツセンター、ミードギャラリー、ウォーウィック大学、イギリス
「予兆:日本と韓国の映像芸術展」 ケルン日本文化会館、ドイツ
「12人の挑戦―大観から日比野まで」 水戸芸術館現代美術センター水戸
「山」 ハイデルベルク・クンストフェライン、ドイツ
2003年 「日本-現代のセラミックとフォトグラフィー」 ダイヒトルハーレン美術館、ハンブルク
「日本写真歴史」 ヒューストン美術館、クリーヴランド美術館、アメリカ
「スケールの遊戯」 ガイエコ現代美術センター、サンティアゴ・デ・コンポステラ、スペイン
「第10回国際写真ビエンナーレ」 トリノ、イタリア
「タイムフレーム」 ジャパンソサエティ、ニューヨーク
「自然の消費」 コロンビア・カレッジ・シカゴ現代写真美術館、アメリカ
「心の在り処-日本の現代美術-」 ルードヴィヒ美術館、ブタペスト / モスクワ市現代美術館

ページトップへ戻る