平成21(2009)年度中学高校教員交流(招へい)事業 第2グループ【その3】

地方都市プログラム:Cチーム=奈良市 (12月8日から13日)

Cチームの14カ国24名は、奈良市を訪れました。中室教育長を表敬訪問し、市の教育事情について説明を受けたほか、奈良教育大附属小学校、県立奈良朱雀高校、奈良教育大学、奈良女子大学附属中等教育学校を訪問し、授業参観や給食体験、部活動見学などを行ないました。また、文化体験として、奈良の世界遺産を視察し、最後に1泊のホームステイを体験しました。

奈良教育大学での書道体験の様子は、同大学学生広報誌「天平雲」【PDF:外部サイト】においても紹介されています。

奈良大附属小での給食体験の写真
奈良大附属小での給食体験

日本とイランの教員同士の交流(奈女附属中等教育学校)の写真
日本とイランの教員同士の交流
(奈女附属中等教育学校)

奈良教育大学での書道体験の写真
奈良教育大学での書道体験

附属小学校で図書館を見学する写真
附属小学校では図書館も見学させてもらいました

奈良教育大・田渕教授による講義の写真
奈良教育大・田渕教授による講義

生徒との交流の様子(朱雀高校)の写真
生徒との交流の様子(朱雀高校)

世界遺産見学の写真
世界遺産見学

歓迎レセプションでのご挨拶の写真
歓迎レセプションでのご挨拶

ラップアップセッション (12月15日)

75名の参加者が9つの小グループに分かれて、2週間の日本滞在を振り返り、日本と自国の教育・文化事情の違いや帰国後に予定している活動についてディスカッションとプレゼンテーションを行ないました。

ラップアップセッションの写真1

ラップアップセッションの写真2

チーム縦割りの新たな小グループで、活発な意見交換が行なわれました

ラップアップセッションの写真3
事業参加の修了証も手渡されました

歓送レセプション (12月15日)

プログラムの最終日には、関係国の国際文化交流関係者を招いて歓送レセプションを行ないました。参加者からは各国の歌や踊りなどが披露され、楽しい締めくくりとなりました。

歓送レセプションの写真1
パキスタン参加者による歌の披露

歓送レセプションの写真2
タジキスタンの踊りで盛り上がりました

歓送レセプションの写真3
世界中に楽しい教員仲間が増えました

それぞれの国で生徒や同僚の皆さんに日本のことをたくさん伝えるとともに、 将来の国際文化交流の担い手を育てていっていただきたいと思います。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る