平成23年度 教員グループ招へい事業 【その2】

レクチャー①:日本の歴史地理(10月23日)

元高校教師で、長年にわたってNHK教育テレビ「高校講座」の講師を務めた榊間好男氏が、日本の地理的な特徴や文化的な背景と、明治以降の歴史や現代の課題について、分かりやすくご説明くださいました。

日本の歴史地理についてレクチャーする榊間講師の写真1

日本の歴史地理についてレクチャーする榊間講師の写真2

日本の歴史地理についてレクチャーする榊間講師

レクチャー②:日本の宗教(10月24日)

神仏混淆といった日本の宗教の現状について、東京大学大学院の蓑輪顕量教授の講義を受けました。キリスト教やイスラム教といった一神教に馴染みが深い参加者らにとっては、新鮮な宗教観となったようです。

蓑輪顕量教授の写真

解説に真剣に聞き入る参加者らの写真

蓑輪教授の解説に真剣に聞き入る参加者ら

レクチャー③:日本の教育(10月27日 / 京都)

京都教育大学の榊原禎宏教授が、現在の日本の教育制度とその歴史的背景、そして制度からだけでは見えてこない日本の教育の特徴などについて解説してくださいました。教育者である参加者らにとっても一番興味深いテーマだけに、質疑応答も活発なものとなりました。

榊原禎宏教授のレクチャーの写真

質問をする参加者の写真

榊原教授には各国の参加者からも次々に質問が

文化ワークショップ①:茶道体験

立礼式のお点前の実演とともに茶道の流儀や哲学について解説を受けたあと、参加者が自らお茶を点てることで、その深い精神性を体感しました。

茶道体験の写真1

茶道体験の写真2

立礼式のお点前を見せて頂いたあと、参加者もお点前に挑戦

文化ワークショップ②:お箸文化とマイ箸作り

日本人の生活とは切っても切れないお箸に親しんで頂くための講義に加え、帰国後も使い続けて頂けるよう、各自の手の大きさに合わせたマイ箸作りをしました。さらに、覚えたてのお箸でピーナッツをつまんで数を競う「箸ピー」ゲームをして、お箸の練習と参加者同士の懇親としました。

お箸文化とマイ箸作りの写真1
初めてのお箸に真剣な面持ち

お箸文化とマイ箸作りの写真2
好き好きに色を塗って思い出のマイ箸に

「箸ピー」ゲームの写真1

「箸ピー」ゲームの写真2

最初は苦戦していた「箸ピー」ゲームも、だんだんと本気の熱戦に

ページトップへ戻る