美術記者招へい事業 2014年度第1回美術記者招へい事業(2014年度)

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、日本美術への関心と理解を促し、日本の美術情報を広く海外へ発信するため、海外の美術記者等を本邦に招へいする事業を行っています。

今年度は、世界10カ国から10名の記者を7月から8月にかけて招へいし、横浜で開催される「ヨコハマトリエンナーレ2014」および札幌で開催される「札幌国際芸術祭2014」を中心に、6泊7日の日程で日本各地の美術館等を視察し、美術の「現場」を取材いただくとともに、美術関係者との交流を深めていただく機会といたします。

招へい期間

2014年7月30日(水曜日) ~ 2014年8月5日(火曜日)

主な訪問先

ヨコハマトリエンナーレ2014、札幌国際芸術祭2014、東京都内の主な美術館等

参加記者所属媒体名(国名)

文化日報(韓国)、SOI(ベトナム)、艺术界(中国)、El Cultural, diario EL MUDNO, diario LA VANGUARDIA(スペイン)、Art Review(英国)、Corriere della Sera(イタリア)、Neue Zürcher Zeitung(ドイツ)、Artforum(米国)、Canadian Art(カナダ)、このほかにインドからはフリーランスの記者が参加予定

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 欧州・中東・アフリカチーム
担当:森、大川
電話:03-5369-6063

ページトップへ戻る