CCAキュレーター・ミーティング2013 レッツ・トーク・アバウト・アート

CCAキュレーター・ミーティング2012の様子の写真
CCAキュレーター・ミーティング2012の様子
写真提供:CCA北九州

現代美術センターCCA北九州と独立行政法人国際交流基金は、2013年9月6日から3日間にわたり、「CCAキュレーター・ミーティング2013」を開催します。今回は、日本、タイのキュレーターに加え、欧米を中心に活躍するキュレーターが参加予定です。それぞれが異なる文化背景を持つキュレーターが、CCAにおいて3日間にわたり交流を深めながら、今日の課題や将来の新たな可能性について、意見交換を行います。
2010年から年1度開催されてきた「キュレーター・ミーティング」は、今回第4回目の開催となります。2010年に開催された第1回ミーティングでは、日本の国公立美術館で現代美術を専門に活動している学芸員4名が参加し、主に日本国内の問題点を中心に話し合いを行いました。第2回ミーティングでは、日本のキュレーター4名、そして韓国を拠点に活動する4名のキュレーターが参加し、各国の現状について情報交換を行いつつ、今の美術界のおける問題点や欧米での活動について考えていきました。そして、昨年行われた第3回ミーティングでは、日本や韓国、ミャンマーを含むアジア7カ国からキュレーターが参加し、各国の状況、また国際的な活動との関連やネット—ワークなどについて話し合いを行いました。

第4回目となる今回のキュレーター・ミーティングでは、国際的な課題を中心に取り上げていきます。現在キュレーターは、様々な境界の内と外、そして時にはそれを超えて活動していくことが求められます。それは国境であり、文化の差異であり、また美術館や文化施設という枠組でもあり、ビエンナーレなどの展覧会の形態でもあります。そのような状況に個々のキュレーターがどう向き合っていけるのか、その可能性を考えていきます。

キュレーター・ミーティングは、一度限りではなく、進行形で継続していくプロジェクトとして企画されています。結論や結果を導きだすことを目的とするのではなく、刻々と変化する美術とその環境をふまえ、地理的な隔たりも超えつつ話し合いを行うことで、時間を経て発展する対話を生み出していくことを意図しています。それにより、個人の活動だけではなく、広くは美術活動に新しい考えや動きを生み出していくことを目指します。

日時 2013年9月6日(金曜日)~9月8日(日曜日)
会場
主催 現代美術センターCCA北九州、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
企画 中村信夫(CCA北九州)
伊東正伸(国際交流基金)
参加キュレーター

関連情報

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 欧州・中東・アフリカチーム
担当:小山田
TEL 03-5369-6063

ページトップへ戻る