ヴェネチア・ビエンナーレ 国際建築展 10回 コミッショナー略歴

藤森 照信
(建築家・建築史家・東京大学教授)

本業は、建築史研究だが、現在は、建築家として作品も作っている。
建築史研究では、日本の明治以後の西洋館をはじめとする近代建築を主なテーマとし、1982年に刊行した『明治の東京計画』(岩波書店刊)では毎日出版文化賞を得ている。

研究の一環として、1974年、仲間と東京建築探偵団を結成し、地図とカメラを持ち、東京の下町の商店街から山の手の住宅地までを歩きまわり、忘れられ埋もれた西洋館の発掘を進め、そうした成果を『建築探偵の冒険 東京篇』(筑摩書房 1986年)として刊行し、サントリー学芸賞を受ける。以後も建築探偵稼業の成果をさまざまなメディアを通して一般に向けて発表しつづけている。

町を歩いて忘れられた建物を発掘するなかで、似たような関心から町のなかの不思議な物件を採集していた赤瀬川原平、南伸坊、林丈二、松田哲夫らと知り合い、1986年、路上観察学会を発足させて今日に至る。

長らく建築史都市史関係の研究と文筆活動を専らとしてきたが、1991年、郷里の長野県茅野市の依頼で、<神長守矢史料館>を作り、44歳にして建築家としてデビューする。

鉄筋コンクリートの構造体を地元の石や土や手割りの板ですっぽり包むというこれまで世界の誰も試みたことのない作り方の建物を世に問い、建築界の大方はケゲンな目で眺めていたが、隈研吾は「見たこともないのに懐かしい」と評価した。以後、少しずつ理解者が現われ、天竜市立秋野不矩美術館(1997)、熊本県立農業大学校寮(2000)、壁から屋根にタンポポを植えたタンポポハウス(1995)、ニラのニラハウス(1997)、細川護煕氏のための茶室一夜亭(2003)を作り、最近作としては樹上6mの高さに作った茶室高過庵(2004)がある。ニラハウスでは日本芸術大賞を受け、熊本県立農業大学校寮では日本建築学会作品賞を受けている。

1946年、長野県に生まれ、東北大学、東京大学大学院と進んで、現在は東京大学生産技術研究所教授。
藤森照信については、『ユリイカ 特集:藤森照信』(2004年)に詳しい。建築作品については、『藤森照信 野蛮ギャルド』TOTO出版(1998年)がある。

ページトップへ戻る