ヴェネチア・ビエンナーレ 国際建築展 12回 コミッショナー・参加作家略歴

コミッショナー略歴

北山 恒(きたやま こう)
(建築家、横浜国立大学大学院/Y-GSA教授)

1950年香川県生まれ。1976年横浜国立大学工学部建築学科卒業、1980年同大学院修士課程終了。architecture WORKSHOP主宰。海外巡回した建築展等への参加多数。建築家養成のためのスタジオ制大学院である、Y-GSA設立時に中心的役割を果たした。各種の公募プロポーザル、コンペティションの審査員などを歴任。主な作品は公立刈田綜合病院(共同作品、日本建築家協会賞他受賞)、白石第二小学校(共同作品、日本建築学会作品選奨他受賞)、船橋のミニ戸建て開発A・B棟(グッドデザイン賞他受賞)、洗足の連結住棟(共同作品、日本建築学会作品賞受賞)など。主著に『ON THE SITUATION』(TOTO出版)、『OURS』(共著、INAX出版)がある。

参加作家略歴

塚本 由晴(つかもと よしはる)
(建築家、東京工業大学大学院准教授、博士(工学))

1965年神奈川県生まれ。1987年東京工業大学工学部建築学科卒業。1987-88年パリ建築大学ベルビル校(U.P.8)。1992年に貝島桃代と共にアトリエ・ワン設立。1994年東京工業大学大学院博士課程終了。ヴェネチア・ビエンナーレの他、光州、上海、イスタンブール、サンパウロ他のビエンナーレ、トリエンナーレやオランダ建築博物館、金沢21世紀美術館他で開催される国際的な美術展、建築展において作品を発表。主な作品はミニ・ハウス(東京建築士会住宅建築賞金賞、吉岡賞)、ハウス&アトリエ・ワン(共同作品、グッドデザイン賞)など。著書の『ペット・アーキテクチャー・ガイドブック』(共著、ワールド・フォト・プレス)、『メイド・イン・トーキョー』(共著、鹿島出版会)、『図解アトリエ・ワン』(共著、TOTO出版)に加え、多数の建築論・建築批評を発表。

参加作家略歴

西沢 立衛(にしざわ りゅうえ)
(建築家、横浜国立大学大学院/Y-GSA教授)

1966年神奈川県生まれ。1988年横浜国立大学工学部建築学科卒業、1990年同大学院修士課程修了、妹島和世建築設計事務所。1995年妹島和世と共にSANAA設立。1997年西沢立衛建築設計事務所設立。1998年日本建築学会賞 、2000年東京都建築士会住宅建築賞金賞、2002年アメリカ芸術文化アカデミー アーノルド・W・ブルンナー賞、2002年ヴィンセント・スカモッツィ賞、2004年ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展金獅子賞、2005年第46回毎日芸術賞、2005年平成17年度文部科学省若手科学者賞、ロルフ・ショック賞、日本建築学会賞、2010年プリッカー賞等受賞。

ページトップへ戻る