ヴェネチア・ビエンナーレ 第13回国際建築展(2012) コミッショナー・参加作家略歴

略歴

【コミッショナー】

伊東 豊雄 (いとう とよお)

伊東 豊雄氏の写真建築家
1941年生まれ。国内、ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界中にプロジェクトを持ち、幅広く活動。近作に「多摩美術大学図書館(八王子キャンパス)」、「座・高円寺」、「トーレス・ポルタ・フィラ」(スペイン)など。日本建築学会賞作品賞、ヴェネツィア・ビエンナーレ「金獅子賞」、王立英国建築家協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダル、朝日賞、高松宮殿下記念世界文化賞など受賞多数。

【参加作家】

乾 久美子 (いぬい くみこ)

乾 久美子氏の写真建築家
1969年大阪府生まれ。1992年東京藝術大学美術学部建築科卒業。1996年イエール大学大学院建築学部修了。2000年まで青木淳建築計画事務所勤務。2000年乾久美子建築設計事務所設立。現在、東京藝術大学准教授。主な作品に、片岡台幼稚園の改装(2001)、ヨーガンレール丸の内(2003)、DIOR GINZA(2004)、アパートメントI(2007新建築賞受賞)、スモールハウスH(2009東京建築士会住宅賞)、フラワーショップH(2009日本建築士会連合会賞、2010 グッドデザイン金賞)、TASAKI GINZA(2010)など。著書に「そっと建築をおいてみると」(INAX出版)、「浅草のうち」(平凡社)。

藤本 壮介(ふじもと そうすけ)

建築家
1971年北海道生まれ。東京大学工学部建築学科卒業後、2000年に藤本壮介建築設計事務所を設立。2008年、JIA日本建築大賞とWorld Architectural Festival-個人住宅部門最優秀賞。2010年、Spotlight : The Rice Design Alliance Prizeを受賞。代表作に「情緒障害児短期治療施設」(2006)、「武蔵野美術大学 美術館・図書館」(2010)等がある。

藤本 壮介氏の写真
Photo: David Vintine

平田 晃久 (ひらた あきひさ)

平田 晃久氏の写真建築家
1971年大阪府生まれ。1994年京都大学工学部建築学科卒業。1997年同大学院工学研究科終了。伊東豊雄建築設計事務所勤務の後、2005年平田晃久建築設計事務所設立。現在、東北大学特任准教授、京都大学、東京大学、UCLAなどにて非常勤講師を務める。SDレビュー朝倉賞(2004)、第19回2007JIA新人賞(2008)等受賞多数。主な作品に、上桝屋本店(2005)、alp(2008)等。著書に『現代建築家コンセプト・シリーズ8 平田晃久 建築とは〈からまりしろ〉をつく ることである』(INAX出版)等がある。

畠山 直哉 (はたけやま なおや)

写真家
1958年岩手県陸前高田市生まれ。筑波大学芸術専門学群にて大辻清司に薫陶を受ける。1984年に同大学院芸術研究科修士課程修了。以降東京を拠点に活動を行い、自然・都市・写真のかかわり合いに主眼をおいた一連の作品を制作。国内外の数々の個展・グループ展に参加。2001年には中村政人、藤本由紀夫と共にヴェニス・ビエンナーレ日本館にて展示(コミッショナー:逢坂恵理子)。現在東京都写真美術館にて津波被災後の故郷、陸前高田の風景を含めた展覧会「ナチュラル・ストーリーズ」を開催中(12月4日まで)。

畠山 直哉氏の写真
Photo: Marc Feustel

ページトップへ戻る