第14回 ヴェネチア・ビエンナーレ 国際建築展 (2014)

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、イタリアで開催される「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」の国別参加部門に毎回参加し、日本館展示を主催しています。

2014年6月7日(土曜日)から11月23日(日曜日)にかけて開催される「第14回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」の日本館は、太田佳代子氏をコミッショナーとし、「In the Real World: 現実のはなし~日本建築の倉から~」をテーマに展示を行います。

日程:2014年11月19日(水曜日)19時~20時45分 (18時30分開場~)
会場:国際交流基金2階JFICホール「さくら」

展覧会イメージ画像の写真
展覧会イメージ画像 © Keigo KOBAYASHI

概要

第14回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 全体概要
会期 2014年6月7日(土曜日)~11月23日(日曜日)
開催場所 国別参加:ジャルディーニ地区(Giardini di Castello)ほか
企画展示:アルセナーレ地区(Arsenale)ほか
総合ディレクター レム・コールハース
総合テーマ ファンダメンタルズ(基本要素)
Fundamentals
各国パヴィリオン統一テーマ 近代化の吸収:1914-2014
"Absorbing Modernity : 1914-2014"
公式Webサイト
日本館 展示概要
日本館テーマ In the Real World:現実のはなし~日本建築の倉から~」
日本館コミッショナー 太田 佳代子(展覧会オーガナイザー、編集者)
プロジェクト・チーム 中谷 礼仁 (早稲田大学建築学科教授)/ディレクター
山形 浩生 (評論家・翻訳家)/エギュゼキュティブ・アドバイザー
小林 恵吾 (建築家、早稲田大学建築学科助教)
本橋 仁 (早稲田大学建築学科助手)
主催 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
特別助成 石橋財団
協賛・助成・協力

株式会社日建設計、株式会社LIXIL、積水ハウス株式会社、田島ルーフィング株式会社+株式会社タジマ

一般社団法人東京倶楽部、公益財団法人野村財団、公益財団法人ユニオン造形文化財団、株式会社岡村製作所

安藤忠雄建築研究所、鹿島建設株式会社、株式会社大林組、株式会社資生堂、株式会社竹中工務店、公益財団法人大林財団、財団法人生涯学習開発財団、清水建設株式会社、大成建設株式会社、TOTO株式会社

アリタリア-イタリア航空会社、公益社団法人企業メセナ協議会、月桂冠株式会社、株式会社竹尾、三井不動産株式会社、早稲田大学創造理工学部

出展者

建築家|安藤忠雄、象設計集団(樋口裕康、大竹康市、富田玲子)、海老原鋭二、原広司+アトリエ・ファイ建築研究所、石山修武、伊東豊雄、鯨井勇、正橋孝一、毛綱毅曠、室伏次郎、坂本一成、篠原一男、山本理顕、吉阪隆正、U研究室

建築史家/都市観察者|クリス・フォーセット、藤森照信、布野修司、長谷川堯、堀勇良、一木努、真壁智治、相沢韶男・武蔵野美術大学建築学科

作家|赤瀬川原平、超芸術探査本部トマソン観測センター

写真家|山岸剛

映画監督|石山友美

プレスリリース 第14回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2014)日本館展示
太田佳代子氏がコミッショナーに就任
テーマは「現代建築の倉」【PDF:240KB】

日本館コミッショナーについては、指名コンペティションで選出を行ないました。

[お問い合わせ]

[展覧会に関するお問い合わせ]
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 欧州・中東・アフリカチーム
担当:田崎、小山田
電話:03-5369-6063
Eメール:venezia@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る