ヴェネチア・ビエンナーレ 第9回 国際建築展 日本館展示

ヴェネチア・ビエンナーレ第9回 国際建築展 日本館展示
コミッショナー 森川嘉一郎(桑沢デザイン研究所特別任用教授)
テーマ 「おたく:人格=空間=都市」"OTAKU: characterology = space = cities"
出品作家/
展示順路順
丹下健三 (建築家)、岡田斗司夫(作家)、海洋堂(造形企画制作)、大嶋優木 (原型師)、斎藤環+開発好明(精神科医+美術家)、コミックマーケット準備会、よつばスタジオ (デザイン制作)、宣政佑<ソンジョンウ> (漫画企画会社代表・漫画コラムニスト)
日本館主催者 国際交流基金
趣旨

本展示では、おたくの個室、数十万人が集うコミックマーケット、秋葉原の都市空間、さらにはネット空間などが、連続した箱庭として再現される。そこは情報化時代の建築空間としてしばしば思い描かれてきたような、無色透明な浮遊空間などではない。各々が物語のオーラをまとったアニメ絵の無数の聖像(イコン)が、内外の壁、床、そして画面を、汎神的に構成している。

近代様式の移植にともなって「いかもの」として抑圧され続けてきた偶像や聖像が、八百万の神々のように立ち現れ、流通し、コミックマーケットや秋葉原が“聖地”として巡礼される。喪われて久しいとされる都市的な祝祭空間と壮大なポトラッチが、そこには脈々と生きている。

おたく趣味は漫画、アニメ、ゲームなど、メディア横断的な特徴を持っており、また日本の現代文化としては例外的に海外に越境し得ている。これはおたく趣味が、特有の自意識とセクシュアリティをベースにしていることと関係している。これまで、国家や民族、宗教やイデオロギーなどをベースにした文化圏は多々あったが、人格をベースにしたものはなかった。この、都市をも変える新たなる構造としての「人格(キャラクター)」の浮上は、環境の情報化と密接に絡んでおり、資本とはまた違ったパターンで、容易に旧来の境界を越境し、場を形成する。

〈おたく〉を、商品や作品としてではなく、その人格を起点とした横断的概念として、展示を通して提示するものである。

協力 住友化学工業株式会社、株式会社アニメイト、千代田区まちづくり推進部、三菱地所株式会社

日本館コミッショナー森川嘉一郎略歴

1971年生まれ。早稲田大学大学院修了(建築学)。同大学理工学総合研究センター客員講師を経て、2003年より桑沢デザイン研究所特別任用教授。著書に『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ』、編著に『20世紀建築研究』など。

[お問い合わせ]

日本の参加についてのお問い合わせ
国際交流基金 芸術交流部造形美術課
Tel.03-5369-6062Fax.03-5369-6038

ページトップへ戻る