ヴェネチア・ビエンナーレ 国際美術展 51回 コミッショナー略歴

笠原 美智子 kasahara michiko 1957-

長野県生まれ。1983年明治学院大学社会学部社会学科卒業。1987年シカゴ・コロンビア大学修士課程修了(写真専攻)。1989年より東京都写真美術館学芸員。同館での主な展覧会として、「私という未知へ向かって 現代女性セルフ・ポートレイト」展(1991)、「アメリカン・ドキュメンツ 社会の周縁から」展(1991)、「発言する風景」展(1993)、「はるかな空の下で 日本の現代写真」展(1993)、「ジェンダー 記憶の淵から」展(1996)、「アルフレッド・スティーグリッツとその仲間たち」展(1997)、「ラブズ・ボディ ヌード写真の近現代」展(1998)、「ポラロイド・コレクション アメリカ 写真の世紀」展(2000)、「手探りのキッス 日本の現代写真」(2001)、「風景論 日本の新進作家」(2002)他。2002年より東京都現代美術館学芸員。

主な著作に『ヌードのポリティクス 女性写真家の仕事』(筑摩書房、1998)、『写真、時代に抗するもの』(青弓社、2002)、『従軍のポリティクス』(共著、青弓社、2004)。

他の展覧会企画としては「urban relationship, sustainable, japanese contemporary art」展(ソウル市美術館、2003)、「out of the ordinary/extraordinary, japanese contemporary photography」(Japan foundation、2004)、「mot annual 2005 愛と孤独、そして笑い」展(東京都現代美術館、2005年1月~)など。

ページトップへ戻る