ヴェネチア・ビエンナーレ 国際美術展 52回 アーティスト略歴

岡部昌生

1942北海道根室生まれ
1965北海道学芸大学卒業
1977年よりフロッタージュによる制作を路上からはじめる。
79年、パリ13区に隣接するイヴリ・シュルセーヌに滞在、169点の「都市の皮膚」を制作した。80年代後半からは、広島の原爆跡地を積極的に作品化しているほか、96年、パリのユダヤ人街で拉致の史実を刻む銘板を擦りとった「N’OUBLIEZ PAS(忘れない)」を制作。同時期からパリ、広島、光州、根室などの都市からアエログラム(航空書簡)で世界の知人に郵送・往還するプロジェクトを開始する。
88年、オーストラリア、ヌーサにおけるフロッタージュ・コラボレーション以来、市民とのコラボレーション(共同制作)やワークショップを積極的に実施するほか、国内外の各都市で制作・展覧会活動を展開している。

岡部昌生氏の写真
岡部昌生氏
(記者発表 (2006年9月20日))

主な個展

1965
大丸画廊(札幌)
1980
ギャルリ・ワタリ(東京)
1985
YOON GALLERY(ソウル 韓国)
1986
佐賀町エキジビット・スペース(東京)
1988
ヌーサ美術館(ヌーサ オーストラリア)
MILBURN+ART(シドニー オーストラリア)
1989
ヒルサイドギャラリー(東京)
TEMPORARY SPACE(札幌)
1991
北海道立帯広美術館(帯広)
1996
GALLERY BAZAREZ(広島)
1997
札幌アリアンス・フランセーズ(札幌)
エスパスOHARA(東京)
2002
日仏会館(東京)
2005
コンチネンタルギャラリー(札幌)
トキ・アートスペース(東京)
広島市現代美術館ミュージアムスタジオ(広島)
Gallery G(広島)
根室市図書館(根室)
2006
KAWAGUCHI ART FACTORY(川口)

主なグループ展

1965
「北海道アンデパンダン展」今井デパート(旭川)
1979
「11月のヴィトリー展」 ヴィトリー市立美術館(ヴィトリー フランス)
1981
サッポロトリエンナーレ 北海道立近代美術館(札幌)
1984
「北海道の美術 HOKKAIDO ART」アルバータ州立博物館(エドモントン カナダ)グレンボー美術館(カルガリー カナダ)
1985
PAN PACIFIC ART EXHIBITION IN SEOUL 1985」文芸振興院美術会館(ソウル 韓国)
1987
PRINT ADVENTURE」韓国国立現代美術館(ソウル 韓国)
1989
「広島・ヒロシマ・HIROSHIMA」広島市現代美術館(広島)
「日本の思考 西洋の方法」クィーンズランド美術館(ブリスベン オーストラリア)
1990
「版画の表現500年展」町田市立国際版画美術館(町田)
1991
SIMULTANEITA日本現代美術一断面」(ローマ市美術館)
「第11回ソウル国際版画ビエンナーレ1991」文芸振興院美術会館(ソウル 韓国)
1992
「現代作家シリーズ ’93岡部昌生展」神奈川県民ホール(横浜)
「第20回リュヴリアナ版画ビエンナーレ」リヴリアナ現代美術館(リュヴリアナ スロベニア)
1994
「札幌アヴァンギャルドの潮流展」北海道立近代美術館(札幌)
1995
「ヒロシマ以後」広島市現代美術館(広島)
「戦後文化の軌跡1945-1995」目黒区美術館(東京)
1996
「現代日本版画の一断面」北海道立函館美術館(函館)
「版画の1970年代」渋谷区松涛美術館(東京)
1998
「日本の美術、世界の美術?この50年の歩み」東京都現代美術館(東京)
AGART WORLD PRINT FESTIVAL」リヴリアナ現代美術館(リュヴリアナ スロベニア)
1999
「オホーツクのエッジから-三つのベクトル 岡部昌生+田丸忠+林弘尭」北網圏北見文化センター美術館(北見)
2000
「第3回光州ビエンナーレ2000特別展〈芸術と人権〉」光州ビエンナーレ館(光州 韓国)
「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2000」(新潟)
「大いなる地平から」北海道立釧路芸術館(釧路)
「美術はなにを記録してきたか-北海道の美術の20世紀」北海道立帯広美術館(帯広)
2001
ART for the SPIRIT 永遠へのまなざし」北海道立近代美術館(札幌)
「現代美術の冒険」広島市現代美術館(広島)
「風にふれる」札幌ドーム(札幌)
2002
「現代・版展」札幌芸術の森美術館(札幌)
「広島の都市像-〈まち〉を展示する」広島市現代美術館(広島)
2003
「韓国現代版画展」SEJONG CULTURE CENTER(ソウル 韓国)
2004
「美術表現のなかの夕張」夕張市美術館(夕張)
2006
Between ECO&EGO」(川口)

主なパブリックコレクション

韓国国立現代美術館 ヌーサ美術館 東京都現代美術館 神奈川県民ホール 栃木県立美術館 広島市現代美術館 北海道立近代美術館 北海道立帯広美術館 北海道立釧路芸術館 夕張市美術館 北網圏北見文化センター美術館 札幌市生涯学習センターちえりあ 札幌ドーム

ページトップへ戻る