本文へ
OTAKUロゴ1 JAPAN_FOUNDATION
ヴェネチアビエンナーレ第9回国際建築展日本館
OTAKUロゴ2トップページ展示ツアー開催概要ビエンナーレについて展示内容おたくの美意識ポスターカタログお問い合わせ

第9回 ヴェネチア・ビエンナーレ 国際建築展 参加作家

参加作家一覧
コミッショナー

森川嘉一郎

1971年生まれ。早稲田大学大学院修了(建築学)。同大学理工学総合研究センター客員講師を経て、2003年より桑沢デザイン研究所特別任用教授。著書に『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ』(2003)、編著に『20世紀建築研究』(1998)など。
参加作家(展示順路順)
丹下健三
建築家
1913年生まれ。東京大学工学部建築科卒、同大学大学院修了。同大学教授を経て、現在同大学名誉教授。1961年に丹下健三・都市・建築設計研究所を開設。 米国建築家協会ゴールドメダル(1966)、文化勲章(1980)、イタリア共和国有功勲章グラン・オフィシェル(1984)、プリツカー建築賞(1987)などを受賞。代表建築作品に代々木国立屋内総合競技場(1964)、大阪万国博覧会マスタープラン(1970)、東京都新都庁舎(1991)、フジテレビ本社ビル(1996)などがある。
岡田斗司夫
作家
1958年生まれ。1985年にアニメ・ゲーム制作会社ガイナックスを設立。『オネアミスの翼』『ふしぎの海のナディア』『プリンセスメーカー』などをプロデュース後、1992年に同社を退社、作家活動を開始。東京大学教育学部「オタク文化論ゼミ」講師を務める。2003年より食品玩具メディアの企画開発を展開。著書に『ぼくたちの洗脳社会』(1994)、『オタク学入門』(1996)、『失われた未来』(2000)、食品玩具監督作品に『王立科学博物館』(2003-)などがある。
海洋堂
造形企画制作
原型制作者をメインスタッフとする造形集団。1964年創業。模型店を経て、ガレージキット(少量生産型高級組立模型)・博物館模型・玩具などの企画・製造・販売へと事業を移行。1992年より造形イベント「ワンダーフェスティバル」を主催。1999年に『チョコエッグ』シリーズの造形企画制作を担当以降、模型的クオリティを取り入れたハイターゲット食玩(お菓子のおまけ)が注目を集め、複数のメーカーとのコラボレーションを通してフィギュアやノベルティアイテムを多数発表。代表的なコラボレーション製品に『タイムスリップグリコ』(2001-)、『ワールドタンクミュージアム』(2002-)などがある。
大嶋優木
原型師
1974年生まれ。1998年よりフィギュア作品をガレージキット即売会で発表、販売。1999年よりフリーランスの原型師として、海洋堂のアクションフィギュアなどの原型を製作。2000年にカプセルトイ『ラブひなウォーターラインシリーズ1』の「前原しのぶ」を担当以降、幼さに特質を持った少女キャラクターのフィギュアを多く手掛ける。代表的な原型担当シリーズに『リカヴィネ』(2003)、『週刊わたしのおにいちゃん』(2004)などがある。
斎藤環
精神科医
1961年生まれ。筑波大学医学専門群卒業(精神衛生学)。医学博士。爽風会佐々木病院診療部長。専門は思春期・青年期の精神病理、および病跡学。おたく文化、文藝、美術、ひきこもりなど、多岐にわたる論考を展開。著書に『文脈病』(1998)、『社会的ひきこもり』 (1998)、『戦闘美少女の精神分析』(2000)、『解離のポップスキル』(2004)などがある。
開発好明
美術家
1966年生まれ。多摩美術大学美術学部絵画科卒、同大学院修了。インスタレーション作品を中心に発表しながら、非営利FADs art space設立への参加(2001-)や、サンキューアートの日(2001-,毎年3月9日開催)等、アートを社会に還元する試みを実践している。1998年 Asian Cultural Council助成により渡米。『第4回岡本太郎記念現代芸術大賞』優秀賞(2001)を受賞。『Dia del Mar / By the Sea』(PS1 MOMA,N.Y.,2001)、『IMAGINE☆展』(パルテノン多摩,2003)などに出展。
コミック
マーケット
準備会
1975年より開催されているアマチュアのための漫画同人誌展示即売会「コミックマーケット」の主催団体。「コミックマーケット」は数多くのプロ漫画家を育んだ舞台であり、同時に漫画・アニメ・ゲームにまたがるおたく文化のさまざまな潮流の母体となっている。現在、世界最大規模の同人誌即売会として、有明の東京国際展示場を会場に毎年8月と12月に開催されている。
宣政佑
漫画企画会社代表、漫画コラムニスト
韓国プチョン市立漫画情報センターのキュレーター(2000-2002)、「2002大韓民国出版漫画大賞」「2004今日の韓国漫画賞」審査委員などを務める。1995年から韓国の新聞・雑誌で日本の漫画やアニメに関するコラムを連載しながら、日本漫画と関連書籍の翻訳を手がける。2002年より読売新聞など日本のメディアで韓国の漫画やおたく文化を紹介している。2003年に漫画企画社コミックポップ・エンターテインメントを設立。共著に『韓国漫画を探す日本人』(2002)、『漫画産業著作権制度改善方案研究』(2003)などがある。
ポスター・カタログパッケージデザイン:
よつばスタジオ