「妖怪: 想像のイコノグラフィー 日本の超自然的イメージの起源としての百鬼夜行」展
マドリードで日本とスペインの外交関係樹立150周年を記念する展覧会を開催

ロゴ画像国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本とスペインの外交関係樹立150周年を記念して、王立サン・フェルナンド美術アカデミーにおいて「妖怪: 想像のイコノグラフィー 日本の超自然的イメージの起源としての百鬼夜行」展を開催いたします。
本展では、湯本豪一氏旧蔵の妖怪コレクション(現・広島県三次市所蔵)より、絵巻物、浮世絵、着物、帯、根付、印籠、武具、焼き物等を展示します。
たくましい想像力によって生み出された妖怪たち。その姿が描かれた多彩な資料を通して、広く日本の文化を紹介します。

百鬼夜行図絵巻(部分)三次市
百鬼夜行図絵巻(部分) 三次市

王立サン・フェルナンド美術アカデミーについて

フェルナンド6世によって1752年に創立されて以降、美術教育の上で重要な役割を果たしてきました。かつてはゴヤがディレクターをつとめ、ピカソやダリも在籍しました。

開催概要

日本スペイン外交関係樹立150周年
「妖怪: 想像のイコノグラフィー 日本の超自然的イメージの起源としての百鬼夜行」展
会期 2018年7月17日(火曜日)~9月23日(日曜日)
開館時間
火曜日から土曜日:10時~14時、18時~21時
日曜日および祝日:10時~14時
月曜日休館
入館無料
※作品保護のため、8月21日から展示内容を一部入れ替えます。
会場
主催 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、王立サン・フェルナンド美術アカデミー
キュレーター 湯本豪一、ダニエル・サストレ(マドリード自治大学准教授)
特別協力 三次市(広島県)
助成 公益財団法人 東芝国際交流財団ロゴ画像
会場デザイン Schenk Hattori、岡﨑真理子

プレスリリース

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 事業第2チーム
担当:徳山、大平
電話:03-5369-6063 ファックス:03-5369-6038
Eメール:Arts2@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る