Voyages-Regards de photographes japonais sur le monde 「出発(たびだち)―6人のアーティストによる旅」展

石川直樹『 Mt. Fuji』 2008の写真
石川直樹
Mt. Fuji』 2008

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、今秋、これからの活躍が期待される日本人の写真家、映像作家6名による「旅」をテーマとした作品170点をパリ日本文化会館にて紹介します。

忘れられた日本を訪れる旅、太平洋の海流の中の離島にたどり着く旅、遠く離れた異国の地で実際に生活しながら体験していく旅、ユーラシア大陸の果ての国で巡り合った旅、未踏の地に足を踏み入れてゆく旅、そして夢の中のような、架空の旅。グローバルな時代に生きる日本の作家たちの視線は自分の内と外へと向き、日本人である前に、旅人として、普遍的な視点を提示します。

パリ日本文化会館では、1997年の開館以来、日本文化を紹介する欧州の拠点として、国宝や重要文化財を含む展示から、現代美術の作家や日本と欧州の関係性を検証するテーマの展覧会など多彩な展覧会事業を手がけてきました。

今回は、フランスでも日本でも、文化的にも、歴史的にもいつも近い存在であった「旅」という行為を現代の作家によって再定義し、大きな物語の交換ではなく、個人的な経験を観客の一人ひとりと交換可能にすることにより、「旅」への欲求や「旅」に対する新しい認識の共有を図ります。

本展の出品作品は、東京都写真美術館との共催事業として、2009年12月19日 土曜日 から2010年2月7日 日曜日 まで東京都写真美術館で、日本の新進作家展「出発―6人のアーティストによる旅」に展示されます。また本展は2010年以降、ポルトガルやメキシコなどに巡回予定です。

*参考情報
2009年秋、ジャパンファウンデーションが海外で主催する美術展覧会のご案内【PDF:669KB】
BLOG公式ブログ「地球を、開けよう。」では、当事業に関する情報を掲載しています。

作品紹介

内藤さゆり『4月25日橋』 2007の写真
内藤さゆり
『4月25日橋』 2007
百瀬俊哉『コルカタ』 2008の写真
百瀬俊哉
『コルカタ』 2008
尾仲浩二『山梨県富士吉田』 2009の写真
尾仲浩二
『山梨県富士吉田』 2009
百々 武『利尻島、北海道』 2003の写真
百々 武
『利尻島、北海道』 2003
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

[お問い合わせ]

ページトップへ戻る