スピリトを写す−日本の現代写真 (海外巡回展)

あらゆるものに精神性を感じるとる日本人の伝統的な感受性が、現代の日本でどのような形で表現されているかを、細江英公、杉本博司、片瀬和夫ら11名の写真作品を通じて紹介します。

当展示は巡回を終了しました。

blog公式ブログ「地球を、開けよう。」では、2009年9月にシアトルのフォトグラフィック・センター・ノースウエストで行なわれた当事業のもようを報告しています。

日程

2011年度

2012年1月28日~2月18日
アルジェリア/ライ宮殿芸術文化センター(アルジェ)

2011年11月18日~27日
ボツワナ/ボツワナ国立博物館(ハボロネ)

2011年9月17日~30日
マケドニア/スコピエ市ミュージアム(スコピエ)

2011年7月7日~28日
コソボ/コソボ・アート・ギャラリー(プリシュティナ)

2011年5月12日~6月12日
ブルガリア/ブルガリア国立美術館(ソフィア)

細江英公 「鎌鼬#8」の写真
細江英公 「鎌鼬#8」

杉山晶子 「インスパイラルII」の写真
杉山晶子 「インスパイラルII」
安田千絵 「無題」の写真
安田千絵 「無題」

ページトップへ戻る