平成20(2008)年度 文化協力助成事業 対象事業一覧 (実績)

池の下 上海戯劇 ワークショップ
事業名 池の下 上海戯劇 ワークショップ
助成対象者 池の下
国名 ベトナム
開催都市 ホイアン
概要 上海戯劇学院の俳優コース学生向けに、東洋的身体感覚を養う俳優教育についての指導を池の下の団員が全10回(1回4時期)の演劇ワークショップを通して実施。
モロッコ王国における陶芸技術向上支援プロジェクト
事業名 モロッコ王国における陶芸技術向上支援プロジェクト
助成対象者 西村 早百合
国名 モロッコ王国
開催都市 ラバト
概要 モロッコ王国「メクネス女性陶芸家共同組合」への陶芸技術指導、「メクネス伝統芸術学校」及び「アルホセイマ工芸館」でのワークショップ、及び首都ラバト市での作品展開催を通じて、同国陶芸分野の人材育成、技術向上、組織基盤強化等に寄与。
ユネスコ文化遺産保存日本信託基金プロジェクト「アンコール・トム バイヨン寺院保存」
事業名 ユネスコ文化遺産保存日本信託基金プロジェクト「アンコール・トム バイヨン寺院保存」
助成対象者 早稲田大学総合研究機構・ユネスコ世界遺産研究所
国名 カンボジア
開催都市 シェムリアップ
概要 2005年4月に終了した修復保存プロジェクト第2フェーズ内で完成した「バイヨン寺院保存修復マスタープラン」を基に、日本から専門家を派遣して、(1)南経蔵の修復(修復計画の策定、部分的解体及び再構築)、(2)バス・レリーフ(劣化原因調査、保存計画の策定等)、(3)中央等(地盤調査、保存計画の策定等)を中心に引き続き修復を実施。
ドンラム村農集落保存修復技術向上計画
事業名 ドンラム村農集落保存修復技術向上計画
助成対象者 友田 博通
国名 ベトナム
開催都市 ハノイ
概要 国際協定に基づき、日本文化庁の指導と昭和女子大学及び奈良文化財研究所の協力の下、ドンラム村農集落保存修復事業が進められている。基金は平成20年度も専門家派遣に協力し、家屋修復・ザンバンミン廟の修復工事の指導とともに、観光・衣食他特産品推進の指導を実施。
中部ジャワ震災地の市民と芸術家とともに創るガムラン・ワークショップを通じた文化復興計画
事業名 中部ジャワ震災地の市民と芸術家とともに創るガムラン・ワークショップを通じた文化復興計画
助成対象者 ガムラン・エイド・プロジェクト(ジャワ震災支援会)
国名 インドネシア
開催都市 ジョクジャカルタ
概要 現地の町・村を訪問し、日本の市民からの支援金と共感と励ましの声を届け、現地の市民・芸術家・子供たちとともに音楽とダンスからなるワークショップを通じて、被災地の伝統文化遺産であるガムランなどのさらなる復興活動を支援。
グアテマラ世界遺産調査保存計画フォローアップⅡ
事業名 グアテマラ世界遺産調査保存計画フォローアップⅡ
助成対象者 中村 誠一
国名 グアテマラ
開催都市 ティカル
概要 平成17・18年度文化協力(主催)及び19年度文化協力(助成)事業のフォローアップ事業として、中村誠一がティカル・キリグア遺跡保存・調査本拠地となる「文化遺産保存研究センター」の基本設計に協力する企画。
ピチェ・クランチェン「能」研修プロジェクト
事業名 ピチェ・クランチェン「能」研修プロジェクト
助成対象者 特定非営利活動法人ダンスボックス
国名 日本
開催都市 大阪
概要 タイ古典仮面舞踏劇の名手ピチェが能楽堂において古典芸術「能」の継承方法及び一般市民への啓蒙活動について学び、日本の能の担い手達と交流を図る。
日本建築家講演及び日本・ベトナム建築系学生共同ワークショップ
事業名 日本建築家講演及び日本・ベトナム建築系学生共同ワークショップ
助成対象者 古市徹雄
国名 ベトナム
開催都市 ハノイ
概要 日本を代表する建築家5人による現代日本建築文化を紹介するとともに、日本とベトナムの建築系・都市計画学生の共同ワークショップを指導。
日本-ヨルダン共同コミュニティ・ダンス創作促進
事業名 日本-ヨルダン共同コミュニティ・ダンス創作促進
助成対象者 大野 理恵
国名 ヨルダン
開催都市 アンマン
概要 ヨルダンの学生及び一般人を対象に文化的・社会的背景についてディスカッションを行うとともに、ヨルダンでは歴史の浅いコンテンポラリー・コミュニティー・ダンスの自主的な創作の土台作りを促進するためのワークショップを実施。
ネパール児童絵画教育プロジェクト
事業名 ネパール児童絵画教育プロジェクト
助成対象者 金 斗絃
国名 ネパール
開催都市 ナウリコット
概要 ネパール・ナウリコット村小学校からの要請をもとに、金斗鉉が、現地小学校で美術教育を行う教師を対象に、児童美術教育指導方法や授業方法に関するワークショップを実施。

ページトップへ戻る