平成23 (2011)年度 文化協力(助成) 対象事業一覧

第1回募集

ホイアン町並み保存プロジェクト Ⅱ
事業名 ホイアン町並み保存プロジェクト Ⅱ
助成対象者 友田 博通
国名 ベトナム
開催都市 ホイアン
概要 急激な観光発展により、保存環境が危ぶまれる「世界遺産ホイアン」保存の再考を促すとともに、国際的な認知度を高めるための支援を実施。
カンボジア オンドンルッセイ村におけるオカリナ製作普及活動
事業名 カンボジア オンドンルッセイ村におけるオカリナ製作普及活動
助成対象者 樹 紫苑
国名 カンボジア
開催都市 コンポンチュナン州オンドンルッセイ村
概要 オカリナ製作技術の指導を行うともに、基本的な演奏技術の指導、小学校や孤児院での演奏などを通じ、オカリナ音楽の楽しさを現地に伝える。カンボジアのクメール焼と日本の益子焼の技術を融合させ、現地の人々の自立支援のため、一昨年から実施している技術支援の発展事業として実施。
タイ スパンブリー サームチュック市場建築・文化保存再生
事業名 タイ スパンブリー サームチュック市場建築・文化保存再生
助成対象者 村上 心
国名 タイ
開催都市 スパンブリー県サームチュック郡
概要 サームチュック市場の世界文化遺産登録に向け、現地のSRIPATUM大学建築学部と相互協力のための会議を実施するほか、現地の代表者や居住者を対象に保存再生研修を実施。
ネパール先住民族伝統芸能指導アーティスト及び後継アーティストによる日本先住民族アイヌ伝統芸能及び日本古典芸能歌舞伎継承研修プロジェクト(招へい)
事業名 ネパール先住民族伝統芸能指導アーティスト及び後継アーティストによる日本先住民族アイヌ伝統芸能及び日本古典芸能歌舞伎継承研修プロジェクト(招へい)
助成対象者 岡本 有子
国名 日本
開催都市 東京、札幌、旭川
概要 急速に消滅しつつある多民族国家ネパールの102民族の無形文化財保全と後継者を育成するため、代表的継承者をを招へいして日本における先住民アイヌ伝統芸能や歌舞伎等の古典芸能の継承活動の現状や過去の歴史から、そのアイディア等を学ぶ研修を実施
マヤ文明世界複合遺産―グアテマラ・ティカル国立公園―の保存活用計画
事業名 マヤ文明世界複合遺産―グアテマラ・ティカル国立公園―の保存活用計画
助成対象者 中村 誠一
国名 グアテマラ
開催都市 ティカル
概要 世界複合遺産であるティカル国立公園に対し、文化無償協力事業による「ティカル国立公園文化遺産保存研究センター建設計画」が2011年12月に完了。同センターに収納される遺物の保存修復作業やデータベース化を指導するとともに、センター開所後の活動の企画立案指導を実施。
日仏の紙に関する用語集編纂:フランスの手漉き紙の伝統維持に向けた、和紙とフランス紙との情報交流・共同事業
事業名 日仏の紙に関する用語集編纂:フランスの手漉き紙の伝統維持に向けた、和紙とフランス紙との情報交流・共同事業
助成対象者 川村 朋子
国名 フランス
開催都市 パリ、アングレーム
概要 和紙の専門家を派遣し、現地の洋紙の専門家との技術交流・討論会を実施。フランス語圏における正確な和紙の普及および伝統的洋紙の情報収集のための専門用語集を作成。技術・文化面での交流により、存続が危ぶまれるフランスの手漉き紙産業の活性化を図る。

第2回募集

初心者のための柔道教則本(中国語版)作成
事業名 初心者のための柔道教則本(中国語版)作成
助成対象者 認定NPO法人柔道教育ソリダリティー
国名 中国
開催都市 南京
概要 外務省草の根無償協力によって中国南京市及び青島市に開設した日中友好柔道館で使用する初心者用の柔道教訓本(中国語版)を作成。編集に当たっては、青少年の練習に役立つのみならず、指導者の指導方法の参考となる内容となるように工夫する。また相手を敬うことを大切にする柔道の心を伝えることに留意して、文化交流の推進に寄与する。
高火度焼成の焼き物(陶芸)伝達プロジェクト
事業名 高火度焼成の焼き物(陶芸)伝達プロジェクト
助成対象者 丸山 武
国名 フィリピン
開催都市 ドウマゲッティ
概要 フィリピンではテラコッタが主流で高火度の焼き物は未発達。しかし高火度焼成のポッタリーを学びたい人々、学生は沢山いる。故に日本のポッタリーの高い技術、そして文化・芸術・美学を伝えて、この国に高火度焼成のポッタリーを伝えるプロジェクトを実施。
バレン制作と水性木版画の制作指導
事業名 バレン制作と水性木版画の制作指導
助成対象者 舩坂 芳助
国名 タイ
開催都市 チェンマイ
概要 タイの大学美術関係の先生を対象に、木版画の摺り道具~バレンの制作から、水性絵具での摺り、ドーサ等、水性木版画に関する指導を実施。
オーケストラ演奏技術向上及び楽器維持管理技術の習得のための育成ワークショップ
事業名 オーケストラ演奏技術向上及び楽器維持管理技術の習得のための育成ワークショップ
助成対象者 小林 恵子
国名 スリランカ
開催都市 コロンボ
概要 非プロ奏者からなる国内唯一のオーケストラであるスリランカ交響楽団が、当国の西洋音楽の発展への道標となるべく、指揮者の小林恵子が指導及び指揮。同じく平成21年度より行っている、国内各音楽団体での演奏技術及び音楽基礎能力を向上させるワークショップを実施。また、当国には楽器リペアマンがいないことによる杜撰な楽器管理を阻止するべく、楽器リペアマンが国内の各音楽団体に同行し、メンテナンス方法を伝授。
インド・オリッサNANTYA GRAM劇場村 NATYA CHETANAFestivalにおける照明デザインの実践と講義
事業名 インド・オリッサNANTYA GRAM劇場村 NATYA CHETANAFestivalにおける照明デザインの実践と講義
助成対象者 三浦 あさ子
国名 インド
開催都市 オリッサ州
概要 NANTHA GRAMで11月に開かれるNANTYA CHETANA主催の15th PEOPLES THEATRE FESTIVALに三浦あさ子が訪問。フェスティバルの開催準備のため、現地の劇場に合う照明デザインを相談の上、実践。フェスティバルのプログラムにおいて照明デザインの考え方についての講義を実施。
ミクロネシア連邦ナン・マドール遺跡の保護に資する人材育成ワークショップ
事業名 ミクロネシア連邦ナン・マドール遺跡の保護に資する人材育成ワークショップ
助成対象者 石村 智
国名 ミクロネシア
開催都市 ポーンペイ島
概要 遺跡保護に関する講義と遺跡の状況のアセスメントのためのフィールドワークからなるワークショップを実施。これは現地での遺跡保護への意識を高め、マネジメント・プラン作成につなげることを目的。講義には日本から専門家を派遣し、マネジメント・プランの重要性や遺跡保護の概要を解説。フィールドワークでは日本人専門家も現地参加者とともに遺跡アセスメントに参加し、遺跡保存に必要な事項を全員で確認。
長期にわたる囲碁講座の開催、実戦指導等による囲碁の普及プロジェクト
事業名 長期にわたる囲碁講座の開催、実戦指導等による囲碁の普及プロジェクト
助成対象者 西島 昭
国名 キューバ
開催都市 ハバナ
概要 囲碁の普及を通じて日本・キューバの友好親善・相互理解の一層の進展を図るため、指導員西島昭が長期滞在しキューバ主要都市において囲碁講座の開催や実戦指導、キューバ人自身の囲碁指導員を育成する事業を実施。
ルーマニアにおける文化遺産保護意識向上を目的とする世界遺産教育の実施プロジェクト
事業名 ルーマニアにおける文化遺産保護意識向上を目的とする世界遺産教育の実施プロジェクト
助成対象者 日高 健一郎
国名 ルーマニア
開催都市 ブカレスト
概要 ルーマニアにおいて、世界遺産の理念と保護事例、保護手法に関する教育研修の実施。世界遺産学、建築史学、建築構造学、博物館学、観光学、自然保護論の専門家を派遣し、同国の大学院生、研究者、専門職員らが参加する講義と演習を実施。文化遺産保護意識の向上と人材交流を図るとともに、文化遺産保護国際コンソーシアムを中心とするわが国の世界遺産保護国際貢献事業を紹介。

ページトップへ戻る