平成23(2011)年度 日本文化紹介派遣(主催)

日本文化紹介派遣(主催)

日本文化紹介派遣(主催) 概要
開始日 終了日 事業分野 対象国 事業内容
4月21日 4月27日 武道 サウジアラビア 12名の古武道専門家を派遣し、サウジアラビアの国家行事「ジャナドリア祭」において日本の伝統武道紹介として古武道のデモンストレーションを実施。
4月21日 4月27日 武道 サウジアラビア 4名の空手専門家を派遣し、サウジアラビアの国家行事「ジャナドリア祭」において日本の伝統武道紹介として空手のデモンストレーションを実施。
9月1日 9月8日 マンガ 中国/モンゴル マンガ原作者で京都精華大学講師の岩見吉朗氏を派遣し、マンガに関するレクチャーを実施。
岩見吉朗氏による「中国とモンゴルでマンガの話をしてきました」を掲載 をちこち
8月15日 8月28日 浮世絵版画 カンボジア/ミャンマー/タイ 高橋工房の浮世絵専門家高橋由貴子氏ら4名を派遣し、浮世絵についてのレクチャー及び「摺り」のデモンストレーションを実施。希望者に対しては「摺り」のワークショップも実施。
11月3日 11月12日 デザイン 中国/韓国 デザイン史の専門家である柏木博氏と、建築家・家具デザイナーの中村好文氏を派遣し、戦後日本のデザインの歴史と発展や専門家のものづくりの背景やコンセプトを写真を交えて紹介するレクチャーを実施。
11月11日 11月26日 和食 ブルネイ/ラオス/ベトナム 日本料理の専門家・藤田貴子氏らを派遣し、広く一般市民・有識者に対して寿司の歴史、種類、日本の四季と年中行事にちなんだ料理を紹介し、日本料理の作り方のデモンストレーションを実施。
2月6日 2月20日 和食 オーストラリア 越後まつだい里山食堂のシェフ・長谷川繭氏ら計3名を派遣し、越後の郷土料理をアレンジした現地でも再現可能な家庭料理としての和食を、レク・デモやワークショップを通じて紹介。
2月8日 2月19日 和菓子 マレーシア/フィリピン/タイ

若手和菓子職人3名を現地へ派遣し、日本の季節の捉え方や茶道等と絡めながら、幅広い和菓子の歴史・文化及び技術を紹介するとともに和菓子制作のワークショップを実施。

インタビュー「若手職人が初挑戦! 和菓子の魅力を東南アジアへ」(前編後編)を掲載 をちこち

2月3日 2月11日 日本の遊び 東ティモール 東京おもちゃ美術館所属の専門家3名を派遣し、子どもを対象に日本の伝統的なおもちゃの実演を実施。また折紙や竹とんぼなど現地で調達できる材料を用いたおもちゃを作り、それらで遊ぶワークショップを実施。
専門家による動画入りレポート「友情と平和の年に - 東ティモールの子どもたちに、日本の遊びを伝える」を掲載 をちこち
7月11日 7月23日 和装 ボリビア/チリ 映画等の衣装を手がけるウェスト企画の松本實氏等専門家4名を派遣し、日本の伝統衣装についてレクチャー及びデモンストレーションを実施。
9月7日 9月18日 浮世絵木版画 ホンジュラス/メキシコ/エルサルバドル 浮世絵木版画の解説者(三井記念美術館 学芸員/樋口一貴氏)と摺り師(富士木版工房/上田真吾氏、上田京氏)を派遣し、浮世絵木版画についてのレクチャー・デモンストレーション及びワークショップを行う。
7月27日 8月8日 食品サンプル ブラジル

日本の食品サンプルは本物と見違えるほどに精巧で、プラモデルやフィギュアなどのユニークな日本のものづくり文化に通じている。菅森弘昌氏(すがもり工房)を派遣し、食品サンプル製作の技術とともに、その背景にあるものづくり・食文化について紹介。

職員による報告を掲載しました。
ブラジル:食品サンプル ―個人技としてのものづくりの極み をちこち

9月17日 9月25日 アニメ カナダ アニメーション監督の原恵一氏をカナダへ派遣し、自身の作品に関する講演を行うとともに、同氏監督の作品を上映。
10月10日 10月21日 生け花 コロンビア/グアテマラ/パナマ 華道家勅使河原城一氏(勅使河原会家元)を派遣し、要人や一般市民に対し生け花のレクチャー・デモンストレーションを実施。
1月29日 2月14日 折り紙 ペルー/米国 おりがみはうす主宰の山口真氏ら3名を派遣し、折り紙についてのレクチャー・デモンストレーション、ワークショップを実施。
専門家によるレポート「折り紙が世界を縮める~マイアミ、アトランタ、リマから寄せられた想い」を掲載 をちこち
10月11日 10月22日 和食 フランス/ハンガリー 山形・出羽地方の出羽三山神社斎館料理長伊藤新吉氏他4名を派遣し同地方の食文化に関するレクチャー・デモンストレーションを実施するとともに精進料理をはぐくんだ出羽三山地方の修験道文化を紹介。
専門家によるレポート「命の再生『出羽三山 精進料理』羽黒山伏 世界に発信」を掲載 をちこち
11月1日 11月16日 和食 ドイツ/フランス/スウェーデン 琉球料理専門家の山本彩香氏他4名を派遣し、琉球料理についてのレクチャー・デモンストレーションを実施し、沖縄料理の特徴や魅力を紹介。
専門家によるレポート「沖縄の長寿と食に注目するヨーロッパで、初の本格琉球料理ツアー」を掲載 をちこち
10月13日 10月29日 からくり人形 チェコ/ドイツ/ルクセンブルク/ポルトガル からくり人形師の玉屋庄兵衛氏とロボット工学者の末松良一氏を派遣し、日本人のロボット観に影響を与えたといわれる「からくり人形」に関するレクデモを実施。
11月10日 11月20日 ロボット文化 クロアチア/ロシア アンドロイド研究の第一人者である石黒浩氏と、ロボット製作ベンチャーであるヴィストン社代表の大和信夫氏をロシア、クロアチアに派遣し、ロボット技術に関するレクチャー・デモンストレーションを実施。
9月6日 9月15日 アニメ エストニア/ラトビア/ノルウェー アニメーション作家の山村浩二氏を派遣し、自身の作品に関するレクチャー及び上映会を実施。
11月13日 11月25日 和食 ルーマニア/ウクライナ 風戸正義氏(さかえ寿司)、吉田健作氏(すし健)を派遣し、一般市民及び専門家対象に、寿司の歴史や米文化に対する講演及び魚のさばき方と衛生管理・寿司の基本に関する解説とデモンストレーションを実施。
9月12日 9月22日 現代文学 ドイツ/イタリア 若手女性作家の綿矢りさ氏を派遣し、現地語翻訳者や日本文学研究者等との対談・講演を実施。
綿矢りさ氏による「ドイツ、イタリア講演の旅」を掲載 をちこち
4月30日 5月15日 ロボット文化 ドイツ/クウェート/ポーランド セラピー用ロボット「パロ」の開発者である、産業技術総合研究所の柴田崇徳主任研究員とテクニカルスタッフの川口幸隆氏を派遣し、ロボットについてのレクチャーとデモンストレーション、ワークショップを実施。
9月18日 10月2日 生け花 ブルキナファソ/ガボン/モロッコ 池坊の生け花講師3名を派遣し、現地の花を用いたレクチャー・デモンストレーション、ワークショップを実施。
10月27日 11月10日 風呂敷 グルジア/イスラエル/ポーランド 日本風呂敷協会認定講師3名を派遣し、風呂敷の歴史や文様の意味を紹介するとともに、日常で活用できる風呂敷包みをワークショップ形式で紹介。イスラエルとポーランドについては、風呂敷デザインコンテストと並行実施。
2月24日 3月6日 マンガ エジプト/トルコ 東京工芸大学の細萱敦准教授を派遣し、日本のマンガの歴史や概要に関する講演・描き方ワークショップを実施。また、細萱准教授の学生であるトルコ人のアイバル氏(マンガ専攻)を派遣し、通訳・アシスタントとしてだけでなく、日本へのマンガ留学の道等を自身の経験から講演。
6月18日 6月28日 武道 アルジェリア/セネガル 講道館流柔道家4名を武道分野での交流の少ないアフリカに派遣し、心技体の充実を重視する武道の精神性を紹介。併せて現地空手競技者及び未経験者への講習会を実施。
10月18日 11月2日 武道 ベナン/ナイジェリア/セネガル 松濤館流の空手指導者4名を武道分野での交流の少ない西アフリカに派遣し、心技体の充実を重視する武道の精神性を紹介。併せて現地空手競技者及び未経験者への講習会を実施。
10月17日 10月30日 武道 アンゴラ/モザンビーク/タンザニア 空手指導者4名(松涛館流2名、剛柔流2名)を武道分野での交流の少ないアフリカに派遣し、心技体の充実を重視する武道の精神性を紹介。併せて現地空手競技者及び未経験者への講習会を実施。
2月19日 3月3日 和装 ヨルダン/カタール/サウジアラビア 着物専門家・日本舞踊家の服部真湖氏らを派遣し、着物の歴史やその機能性、四季や文様から知る和の心などを紹介。加えて日本舞踊や着付けの実演、着付け体験ワークショップ等を組み合わせ、視覚的、感覚的に着物を通した日本文化を紹介。
3月18日 3月24日 和菓子 米国 虎屋の和菓子研究者1名と職人2名を派遣し、日本人の季節観や桜というテーマと絡めつつ、和菓子の歴史や製法・材料・技術などを幅広く紹介。
専門家によるレポート「ニューヨーカーが楽しんだ桜と和菓子の多彩な世界」を掲載 をちこち
2月26日 3月4日 伝統建築 ドイツ/ハンガリー/英国 日本建築意匠研究所代表の松崎照明氏を派遣し、日本の山海や平地等に応じて発展した伝統建築を紹介し、自然豊かな日本の気候風土とそこに発達した美意識、現代建築にまで通底する日本建築の美の原理を講演。
2月19日 3月14日 アニメ インドネシア、インド アニメーション作家の米正万也氏を派遣し、アニメの制作方法の紹介と実際に参加者が短編アニメーションを制作するワークショップを実施。
1月20日 2月1日 折り紙 インド、スリランカ 日本折紙協会所属の折紙作家・講師3名を派遣し、幅広い年齢層向けにワークショップとデモンストレーションを実施。また、現地折紙普及活動の担い手の技術向上を目的に、現地折紙講師向け講習を実施。
1月8日 1月19日 和凧 インド 宮城県(仙台・気仙沼)及び日本の凧の会の凧専門家を派遣し、国際凧揚げ大会に参加するとともにデリー及びコルカタで凧のワークショップを実施。
10月14日 11月5日 ファッション シンガポール シンガポールのジャパン・クリエイティブセンターで実施するファッション事業のうち、日本側のファッション・デザイン・コンテスト優秀者をシンガポールに派遣し現地学生と交流を行うとともに、シンガポールの学生を日本へ招へい。また、ファッションに関する講演会を実施。
3月10日 3月14日 震災復興 米国 東日本大震災から一年の日に全米各地で行われるドラマリーディング'SHINSAI:Theaters for Japan'で上演される震災関連戯曲のうちの1つを書いた劇作家、篠原久美子氏を派遣し、戯曲執筆背景や自身の被災地支援活動などについて講演を実施。
3月26日 3月29日 震災復興 中国 「東日本大震災復旧・復興文化交流事業」の一環として、東北復興へのメッセージを発信し続ける学習院大学教授赤坂憲雄氏を派遣し、講演会を実施。

ページトップへ戻る