平成24(2012)年度 日本文化紹介派遣(主催)

米州チーム
開始日 終了日 事業分野 対象国 事業内容
4月1日 4月30日 マンガ エルサルバドル/ニカラグア/メキシコ/ジャマイカ 代々木アニメーション学院講師・栗田卓也氏によるマンガのレクチャー・体験型ワークショップを実施。講演では日本マンガの変遷や特徴を網羅的に説明。ワークショップではマンガ家が実際に利用するツケペンやスクリーントーンを用いて参加者自身が1ページマンガを作成。メキシコではコマ割りに焦点を当てたワークショップを実施。
5月23日 6月1日 武道 米国 武術研究者・甲野善紀氏及び甲野陽紀氏によるレクチャー・ワークショップを実施。レクチャーでは武道の歴史やその精神等を紹介。ワークショップでは真剣や手裏剣等を用いた体術を実演。
8月10日 8月22日 ファッション ブラジル

ファッションブランド「matohu(まとう)」のデザイナー堀畑裕之氏及び関口真希子氏によるレクチャー・ファッションショーを実施。日本の美意識を内包した服に込められたコンセプトや独自のテキスタイルが数多くの観客を魅了。

「人々が美しいと思い、それをまとってみたいと思う服~日本のモード、ブラジルへ」 をちこち

9月1日 9月14日 デザイン キューバ/コスタリカ/パナマ

プロダクトデザイナー・倉本仁氏及び建築家・長坂常氏によるデザインのレクチャー・ワークショップを実施。日本の建築やものづくりの技術を紹介。デザイン専攻の学生と「帽子」や「楽器」をテーマにした作品を共同創作。

をちこちリンク「デザインの本質をパナマ、キューバ、コスタリカの学生とともに考える」 をちこち

11月1日 11月17日 和食 アルゼンチン/ウルグアイ/パラグアイ 新宿調理師専門学校学校長・上神田梅雄氏による和食のレクチャー・デモンストレーションを実施。料理関係者や学生を対象に和食の製法や季節との関係を解説。健康的に美味しく食べるための先人の工夫について理解を深めた。
1月23日 1月28日 江戸文化 カナダ 国立歴史民俗博物館副館長・久留島浩氏による江戸文化のレクチャーを実施。カナダで同時期に二つの「サムライ展」が開催されることを契機に同展覧会会場にて実施。独自のタッチパネル対応アプリケーションで屏風や絵巻の細部を拡大しながら発表。江戸の暮らしを直感的で鮮明なイメージと共に提供した。
3月2日 3月11日 建築 ボリビア/チリ 若手女性建築家・大西麻貴氏による建築のレクチャーを実施。日本建築の特徴や東日本大震災以降の建築家の活動等を自身の活動も交えつつ紹介。日本の自然風土に根ざした建築やその文化的背景について理解を深めた。
アジア・大洋州チーム
開始日 終了日 事業分野 対象国 事業内容
7月29日 8月10日 環境と文化 ニュージーランド/トンガ/フィジー

次世代太陽光発電技術で注目を集めている量子ドット太陽電池の研究を行う東京大学先端科学技術センター 教授・岡田至崇氏らによるレクチャー・デモンストレーション及びオリジナル太陽電池を作成するワークショップを実施。日本の科学技術を活用したクリーンエネルギー分野での取組みを幅広い層に紹介。

「日本文化、先端技術、エネルギー政策を総合的に伝える~ニュージーランド、トンガ、フィジーでの太陽光発電の紹介」 をちこち

9月22日 10月2日 アニメ・マンガ ラオス/ブルネイ/ミャンマー 京都精華大学国際マンガ研究センター研究員でマンガ指導に定評のある小川剛氏とマンガ家のキノシタヒロシ氏の2名によるレクチャー・体験型ワークショップを実施。日本のマンガ専門画材を使用した本格的なマンガ描き方教室 を行うとともに、実演を交えたレクチャーを通して日本のマンガ独特の記号やルールについて紹介。
10月31日 11月8日 和菓子 韓国

菓子遍路一哲・酒井哲治氏、目白大学短期大学部製菓学科教授・小椋洋氏はじめ日本菓子専門学校卒業の和菓子専門家4名を 派遣し和菓子の実演とレクチャー・ワークショップを実施。職人が細やかで美しい伝統の技を披露するとともに、韓国でも手に入る材料を活用した家庭で作れる和菓子作りを紹介。

「韓国のトレンドにあわせて、日本の文化紹介の企画を練る苦労~ソウル、釜山、済州で和菓子紹介」 をちこち

11月22日 12月5日 デザイン フィリピン/シンガポール/タイ 日本のデザイン(ファッション)に内在された優れたものづくりの精神や伝統、日本の地方文化や伝統地場産業と協業した新たなデザインの発展、先端技術や生活の中に息づく日本人らしい感性のデザインの発信をねらいとした、新進気鋭のアーティスト高橋理子氏によるレクチャーを実施。
2月1日 2月12日 和菓子 インド 東京製菓学校推薦の和菓子職人3名を派遣し和菓子の紹介イベントを開催。一般向けにレクチャー・デモンストレーション、経験者向けにワークショップを実施。和菓子の繊細で美しい伝統の技を披露するとともに、現地で手に入る食材を使って再現できる和菓子も紹介。
2月28日 3月9日 アニメ・マンガ インドネシア 讀賣テレビ放送株式会社のアニメプロデューサー・永井幸治氏、株式会社コルク代表・佐渡島庸平氏、株式会社アクロスエンタテインメントの声優・岡本ナミ氏の3名を、日本のアニメ・マンガに高い関心を持つインドネシア へ派遣し、小山宙哉氏原作の『宇宙兄弟』を通して制作の背景や過程、日本のアニメ・マンガ事情についてのレクチャー、アニメの上映会、声優ワークショップを実施。
3月21日 3月28日 科学技術と文化 中国 ホビーロボットの分野で活躍する青木俊介氏、鷺坂隆志氏を派遣し、現地の若者を対象に、日本で研究開発の進むホビーロボットの文化的背景、技術、将来性などをレクチャーとデモンストレーションの組み合わせにより紹介。
欧州・中東・アフリカチーム
開始日 終了日 事業分野 対象国 事業内容
5月18日 6月3日 和食 アイスランド/フィンランド/デンマーク 精進料理研究家の鎌倉不識庵・藤井まり氏ら計3名を派遣し、精進料理の概要、考え方等に関するレクチャーと共に、現地で手に入る食材を使って再現できる料理の実演、ワークショップを実施。
5月22日 6月1日 剣道 エチオピア/アルジェリア 剣道・居合道専門家7名(赤木勇氏、有宗豊居氏、岡部秀人氏、西尾善道氏、藤田長久氏、福島祐紀洋氏、坂手雅夫氏)を派遣し、日・アルジェリア外交樹立50周年に合わせ、日本の代表的武道である剣道、合気道のレクチャー・デモンストレーションを実施。
6月8日 6月19日 ロボット技術 ロシア ロボットクリエーターの高橋智隆氏らを派遣し、ロボット技術と文化に関するレクチャーとロボットのデモンストレーションを実施。
8月30日 9月19日 柔道 モザンビーク/ボツワナ 中村勇氏他3名の柔道家を派遣し、若年層を含めた一般市民向けに柔道のデモンストレーション及び現地練習生・選手・コーチを対象とした指導を実施。
9月21日 10月20日 アニメ・マンガ スロベニア/ボスニア・ヘルツェゴビナ/スロバキア 日本を代表するアニメーション制作会社の一つである株式会社プロダクション・アイジー代表取締役社長石川光久氏によるレクチャーと同社制作のアニメーション映画の上映を実施。
10月4日 10月17日 アニメ・マンガ アルジェリア/イラン/オマーン 株式会社ぴえろ制作管理部長青木訓之氏及びアニメーター川崎博嗣氏によるレクチャー・ワークショップを実施。日本のアニメーションの最新事情やそれを育んだ文化・社会的背景を幅広い層に紹介。
10月25日 11月13日 生け花 ケニア/エチオピア/ジンバブエ

草月流の本部師範石川一己氏及び師範助手の粕谷純子氏、倉田康治氏を派遣し、日本伝統の生け花の技術、その根底に流れる日本人の感性や考え方などを紹介するレクチャー・デモンストレーション・ワークショップを実施。

「世界中のどんな場所でも、誰でもが楽しめる美しい世界~ジンバブエ、エチオピア、ケニアでいけばな紹介」 をちこち

11月4日 11月15日 ロボット技術 スイス/イタリア/スペイン 奈良先端科学技術大学院博士課程吉崎航氏及び東京理科大学院博士課程坪田英史氏ら日本の若手の研究者を派遣し、ロボット操縦に焦点を当て最新の技術を用いたレクチャー・デモンストレーションを実施。
11月19日 12月2日 科学技術と文化 タンザニア/アンゴラ/南アフリカ 日本の最先端技術の象徴として関心の高い「ロボット」技術の中でも人間理解を目的とするアンドロイドに焦点を当てた研究の第一人者である大阪大学大学院教授石黒浩氏を派遣し、レクチャー・デモンストレーションを実施。「技術立国」日本をアピールし、各地における対日理解・関心を促進した。
11月21日 12月6日 新潟米料理 ブルガリア/フランス/ドイツ/ハンガリー 「水と土の戦い―新潟の米を中心とした食文化」をテーマに、新潟郷土料理の専門家5名を派遣、一般向けレクチャー・デモンストレーションを実施。新潟県の米作りの歴史を始め、米由来食文化に見る日本人の生活の知恵、食に対する考え方などを含む豊かな文化を紹介し、復興に向う日本の姿を海外へ発信した。
12月8日 12月20日 科学技術と文化 サウジアラビア/カタール/アラブ首長国連邦 ロボットクリエイター高橋智隆氏を派遣し、日本のロボット技術やそれを育んだ文化・社会的背景、ロボット技術を活用した取組み等を紹介するレクチャー・デモンストレーションを実施。
2月6日 2月18日 柔道 コートジボワール/ギニア/ガボン 高橋富士男氏他3名の柔道家をアフリカ3ヵ国に派遣し、若年層を含めた一般市民向けに柔道のデモンストレーション及び現地練習生・選手・コーチを対象とした指導を実施。
2月16日 3月1日 折り紙 ヨルダン/エジプト/モロッコ 日本の折紙への関心が高い中東・北アフリカ3か国6都市において、折紙作家山口真氏、松浦英子氏、神谷哲史氏によるレクチャー・デモンストレーション・ワークショップを実施。日本の伝統文化である折紙を広く紹介するとともに、文化を通じた日本への理解を深めた。
3月15日 3月27日 服飾文化 アラブ首長国連邦/クウェート/トルコ 日本の伝統衣装である和装(着物)への関心は高いが、実際に触れる機会が少ない中東地域に日本舞踊家服部真湖氏、着付師服部武子氏、着付師橘田洋子氏を派遣。レクチャー・デモンストレーションを通じて日本の服飾文化に対する理解を深めるとともに、対日理解の促進を図った。
3月20日 3月30日 生け花 ガーナ/ナイジェリア 華道勅使河原会家元の勅使河原城一氏及び華道勅使河原会師範髙津真紀氏を派遣し、日本伝統の生け花の技術や日本文化についてのレクチャー・デモンストレーション・ワークショップを実施。
3月23日 3月31日 環境と文化 ロシア 早稲田大学環境総合研究センター客員教授廣田寿男氏によるレクチャー・デモンストレーション・ワークショップを実施。日本の環境負荷軽減の取り組みの中で重要なエコカー技術について、その開発の歴史や技術、特徴、文化・社会的背景などを紹介。

ページトップへ戻る