海外での上映会 2010年8月度


ジャパンファウンデーション・在外公館主催上映会

小津安二郎大回顧特集
期間 2010年6月30日から8月22日
開催地 国/都市:ブラジル・サンパウロ、リオデジャネイロ
会場:リオデジャネイロCCBB(Centro Cultural Banco do Brasil)、サンパウロCCBB
主催 サンパウロ日本文化センター
上映作品 『生れてはみたけれど』、『浮草物語』、『お早よう』、『出来ごころ』、『東京の合唱』、『東京暮色』、『宗方姉妹』、『落第はしたけれど』、『若き日』、『秋日和』『お茶漬の味』、『風の中の牝鶏』、『早春』、『長屋紳士録』、『麦秋』、『彼岸花』、『浮草』など

黒澤明生誕100周年記念映画祭
期間 2010年7月1日から8月29日
開催地 国/都市:韓国・ソウル、釜山
会場:韓国映像資料院、フィルム・フォーラムシネマテーク釜山
主催 ソウル日本文化センター
上映作品 黒澤明監督作品『七人の侍』、『用心棒』、『姿三四郎』、『天国と地獄』、『赤ひげ』、『蜘蛛巣城』等計23作品。

Eiga-sai 2010
期間 2010年7月1日から8月21日
開催地 国 /都市:フィリピン・マニラ、ダバオ、セブ
会場:シャングリラ・プラザ・モール、フィリピン大学フィルム・インスティテュート(マニラ)、ガイサノ・サウス・シティ・モール(ダバオ)、アヤラ・センター(セブ)
主催 マニラ日本文化センター
上映作品 上映作品:『Always続・三丁目の夕日』(山崎貴監督)、『めがね』(荻上直子監督) 、『包帯クラブ』(堤幸彦監督) 、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(松岡錠司監督)、『カフカ 田舎医者』(山村浩二監督)、『バッテリー』(滝田洋二郎監督)、『14歳』(廣末哲万監督)、『あしたの私のつくり方』(市川準監督) 、『ミヨリの森』(山本ニ三監督)、『それでもボクはやってない』(周防正行監督)。

日本アニメ映画祭2010
期間 2010年8月4日から8月8日
開催地 国/都市:エクアドル・キト市
会場:エクアドル国立文化会館・シネマテカ
主催 ジャパンファンデーション、在エクアドル日本国大使館、エクアドル国立文化会館
上映作品 『ちびまる子ちゃん(大野君と杉山君)』(芝山努監督)、『Coo 遠い海から来たクー』(今沢哲男監督)、『攻殻機動隊』(押井守監督)他を上映。
※チリ・ベネズエラ・ペルー巡回

シンガポール日本映画祭
期間 2010年8月19日から8月29日
開催地 国/都市:シンガポール・シンガポール
会場:シンガポール国立博物館
主催 ジャパンファンデーション、在シンガポール日本国大使館
上映作品 『人間蒸発』、『豚と軍艦』(今村昌平監督)、『日本春歌考』、『帰ってきたヨッパライ』 『少年』『新宿泥棒日記』(大島渚監督)、『おとうと』(市川昆監督)、『涙を、獅子のたて髪に』(篠田正浩監督)、『ろくでなし』『血は渇いている』(吉田喜重監督)

ウェリントン日本映画祭
期間 2010年8月30日から9月3日
開催地 国/都市:ニュージーランド・ウェリントン
会場:The New Zealand Film Archive, The Reading Cinemas
主催 ジャパンファンデーション、在ニュージーランド日本国大使館
上映作品 『劔岳 点の記』(木村大作監督)、『かもめ食堂』(荻上直子監督)、『時をかける少女』(細田守監督)等を上映。
東欧巡回日本映画祭
期間 2010年5月から2011年3月
開催地 <8月開催地>
期間:8月23日から8月30日
国/都市(期間):スロベニア/リュブリャナ
会場:キノデボールKinodvor
主催:ジャパンファンデーション、在スロベニア日本国大使館
参加国:ラトビア、ルーマニア、ポーランド、スロベニア、クロアチア、キプロス、リトアニア、ブルガリア、セルビア、モンテネグロ、スロバキア、チェコ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、ハンガリー、計15カ国)
上映作品 『傷だらけの天使』(阪本順治監督)、『カムイの剣』(りんたろう監督)、『あの夏、いちばん静かな海。』(北野武監督)、『ホテル・ハイビスカス』(中江裕司)、『紙屋悦子の青春』(黒木和雄監督)、『魂萌え!』(阪本順治監督)、『クライマーズ・ハイ』(原田眞人監督)

ページトップへ戻る