“地上で、もっとも優しい歌声”と称されるヴォーカリスト・中孝介 中国でコンサート

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、6月16日に中国の北京で、18日には広州にて、中孝介によるコンサートを開催します。
中孝介は、歌手として上海、広州、深、香港、台湾等での単独公演の経験に加え、役者としても2008年に台湾で公開された台湾映画「海角七号 君想う、国境の南」や、2012年に中国で公開された映画「幸福迷途」に出演しており、中国語圏の若い世代を中心に絶大な人気を誇るアーティストです。

概要

北京
日時 2014年6月16日(月曜日) 18時30分開場、19時開演
会場 HIT FM LIVE糖果
広州
日時 2014年6月18日(水曜日) 18時30分開場、19時開演
会場 広州星海音楽庁室内音楽庁
  • 共催:在広州日本総領事館
  • 協力:株式会社アソジア、エピックレコードジャパン

※北京・広州のいずれも入場無料

※北京、広州での公演に先立ち、国際交流基金の主催とは別に6月14日(土曜日)、上海の東方芸術中心音楽庁にて単独公演を行います。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/KousukeAtari/info/438791

プロフィール

中 孝介(あたり こうすけ)歌手

中 孝介(あたり こうすけ) 歌手

鹿児島県奄美大島出身、在住。高校生の頃、独学でシマ唄を始める。2006年3月EPIC RECORDS JAPANよりシングル「それぞれに」でデビュー。2007年4月「花」をリリースし世代を超えたヒット曲となる。2007年7月ファーストアルバム『ユライ花』をリリース。オリコンウィークリーチャート初登場7位を記録し、その後もロングセールスを記録。2007年10月には台湾での単独公演も成功させる。また、台湾で公開された映画『海角七号』に中孝介本人役として出演。この映画が歴代台湾映画の興行収入を塗り替える大ヒットとなる。2008年10月に中華圏でリリースした中孝介のアルバム『心絆情歌』も、台湾ヒットチャートで1位を獲得するヒットを記録。2013年初のカバーアルバム「もっと日本。」をリリースし日本全国18箇所にてコンサートツアーを敢行。2014年春に台湾で公開された映画「KANO」の主題歌『勇者的浪漫~風になって~』にも参加。その声は、「地上で、もっとも優しい歌声」と称され、今後の活動が注目される男性シンガーである。

黒木 千波留(くろき ちはる) ピアノ

ピアニスト、作・編曲家。1966年、神奈川県生まれ。6才よりエレクトーンを始め、15才からピアノに転向。武蔵工業大学(現・東京都市大学)工学部建築学科を卒業後、元岡一英氏に師事し、ジャズ・ピアノと理論を学ぶ。J-POP、シャンソン、ジャズなど幅広い分野の演奏活動に加え、「GM 踊れドクター」「影武者 徳川家康」などのテレビ番組、「藁の楯」「麦子さんと」や、松田彰監督作品などの映画、アニメーション「マッツとヤンマとモブリさん」の音楽制作、Infinixのメンバーとして、Relaxation Asia シリーズ等のCD制作、NHK「みんなのうた」への楽曲「花風車の森」の提供など、作・編曲活動も、精力的に行っている。

伊藤 悠甫(いとう はるとし) ギター、チェロ

3歳からチェロを始め、14歳からギターを始める。小学校時代はオーストラリアですごし、チェロでさまざまなコンクールに入賞し、リサイタル等を精力的に行い、小学校6年生の時にラジオ番組の生出演等を経験する。高校時代からフュージョン、ジャズ等に興味をもちはじめ、横浜を中心に複数のバンドで活動する。現在はギター、チェロ両方でアーティストのバックでライブやスタジオのレコーディングに参加している。(ギターは津本幸司氏、梶原順氏、道下和彦氏に師事、チェロは水島たかを氏、安田謙一郎氏、佐藤明氏に師事)

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 アジア・大洋州チーム
担当:松永
電話:03-5369-6062 ファックス: 03-5369-6038

ページトップへ戻る