カンボジアドキュメンタリー『おばあちゃんが伝えたかったこと』シンポジウム・トーク開催

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、カンボジアについてのドキュメンタリー映画『おばあちゃんが伝えたかったこと ~カンボジア・トゥノル・ロ村の物語』の上映にあわせ、8月2日から9日までシンポジウムおよびトークセッションを開催します。

このドキュメンタリー映画は、イタリア人映像作家のエラ・プリーセ監督が、カンボジアでポル・ポト時代を生き延びた人々の記憶を掘り起し、若い世代に伝えるためのワークショップを行う中で作られた作品です。上映初日に行うシンポジウムでは、「記憶を記録すること」をテーマにディスカッションを行うほか、毎日行うトークセッションには、映像・映画やカンボジアに造詣が深い多彩な顔ぶれをゲストに招き、それぞれ専門家の視点から語ります。

  • 『おばあちゃんが伝えたかったこと~カンボジア・トゥノル・ロ村の物語』の作品写真1
  • 『おばあちゃんが伝えたかったこと~カンボジア・トゥノル・ロ村の物語』の作品写真2

概要

シンポジウム

テーマ 「記憶を記録すること」
日時 2014年8月2日(土曜日) 18時45分~19時55分
会場
登壇者 大久保 賢一(シンポジウム司会、映画評論家)、川瀬 慈(映像人類学研究者、国立民族学博物館 助教)、西 芳実(京都大学地域研究統合情報センター准教授)、藤井光(映画監督・美術家)
主催 独立行政法人 国際交流基金 アジアセンター、コミュニティシネマセンター、ユーロスペース
定員 145席
申込方法 参加無料。シンポジウム開催当日(8月2日)、11時より会場受付にて配布される「シンポジウム参加券」が必要です。

トークセッション

日時
2014年 8月3日(日曜日) 19時~19時25分
8月4日(月曜日)~8日(金曜日) 21時~21時25分
会場 ユーロスペース (渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3F)
登壇者
8月 3日(日曜日) 大久保 賢一(映画評論家)
  4日(月曜日) 新谷 春乃(日本学術振興会特別研究員)
5日(火曜日) 上村 未来(カンボジア市民フォーラム事務局調整員)
6日(水曜日) 福富 友子(東京外国語大学非常勤講師)
7日(木曜日) 鈴木 伸和(フィルム技術者)
8日(金曜日) 安田 菜津紀
(スタディオアフタモード所属フォトジャーナリスト)
主催 独立行政法人 国際交流基金 アジアセンター、コミュニティシネマセンター、ユーロスペース
定員 145席
申込方法 『おばあちゃんが伝えたかったこと~カンボジア・トゥノル・ロ村の物語』の当日の映画入場券をお持ちの方はどなたでも参加可能

『おばあちゃんが伝えたかったこと ~カンボジア・トゥノル・ロ村の物語』*1

監督:エラ・プリーセ、ヌ・ヴァ、トゥノル・ロ村の人々
カンボジア/ 2011/ カラー/ ブルーレイ/ 54分/ カンボジア語 /日本語字幕

カンボジアでは、1975~79年のクメール・ルージュの支配下で200万人もの人が亡くなったと言われる。2008年、プノンペンで旧ポル・ポト政権の虐殺を裁く特別法廷が開かれるなか、監督らは“キリング・フィールド”近くのトゥノル・ロ村へカメラや機材を持ち込み、ポル・ポト時代を生き延びた人々の記憶を掘り起し、若い世代に伝えていくため、ワークショップを行う。村人たちは、監督たちの思いを越えて、辛い記憶を再現する映画をつくりはじめる。

*1 山形国際ドキュメンタリー映画祭2013公開時タイトル『何があったのか、知りたい(知ってほしい)』

映画上映スケジュール

会期 2014年8月2日(土曜日) ~8日(金曜日)
上映時間 【午前】
8月2日(土曜日)~8日(金曜日)11時~11時55分
【午後】
8月 2日(土曜日) 20時~20時55分
3日(日曜日) 19時30分~20時25分
4日(月曜日)~8日(金曜日)21時30分~22時25分

映画に関するお問い合わせは、コミュニティシネマセンター(担当:岩崎/土井/小川)までお問い合わせください。
電話:050-3535-1573 Eメール:film@jc3.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
アジアセンター 文化事業チーム
担当:村田
電話:03-5369-6025 ファックス:03-5369-6036

ページトップへ戻る