旧アジアセンター知的交流課 事業実績 1998(平成10)年度 アジアセンターについて

 アジアは世界でも有数の多様な文化と民族が存在し、膨大な人材と資源を擁する地域として、近年のアジア経済危機を乗り越え、21世紀へ向けて今後一層の発展が期待されています。近年アジアが体験してきた目覚ましい経済発展とそれに伴うグローバル化現象は、地域内の構造的相互依存を一層深め、互いの社会や文化に影響を及ぼすと同時に、一国だけでは解決困難な地域共通の問題を生み出しました。人々は自分たちを取り巻く文化、社会情勢のめまぐるしい変化の中で自らのアイデンティティを問い直すとともに、共に生きる隣人として域内の対話と交流このような状況の中で、国際交流基金は平成2(1990)年1月、日本にアセアン諸国の文化を紹介する窓口としてアセアン文化センターを設立しました。アセアン文化センターは美術展や映画祭、舞台公演等様々な文化事業を実施したり、一般公開のライブラリーを開設し、アジア文化の日本国内における理解を促進してきました。
 そして平成7(1995)年10月、第二次世界大戦の終結50 周年を契機に、アセアン文化センターはその事業領域をアセアン諸国以外のアジア地域に拡大するとともに、新たな事業領域として域内の知的交流の促進と文化振興の支援を加え、アジアセンターという新しい事業部門として生まれ変アジアセンターの掲げる主要な目的は次の2つです。

  1. 1 アジア域内各層における対話と交流を通じて相互理解を促進すること
  2. 2 アジア地域が共通に抱える課題を解決するための国際共同作業を推進すること

 アジアセンターは知的交流課と国内事業課の2つの課から構成されています。知的交流課は域内の知的交流事業と文化振興支援事業を主に担当しています。そして、国内事業課はアセアン文化センター時代の事業を受け継ぎ、主として国内においてアジア文化の理解を促進する事業を担当しています。本冊子は、そのうちの知的交流課が平成10(1998)年度に行なった事業について、実績を取りまとめたものです。
 知的交流課では、上記の目的を遂行するために、自ら単独で事業を企画実施、あるいは内外の非営利・学術・文化団体と共同で事業を企画実施すると共に(企画開発事業)、日本を含むアジア地域の非営利団体が実施する事業に対し、その経費の一部を助成しています(公募助成事業)。

ページトップへ戻る