フェローセミナー:ピータ・セスペデス・グスターボ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本研究・知的交流部

ジャパンファウンデーションは、平成20(2008)年度フェローセミナーを開催します。 今回のプレゼンターは、 メキシコ合衆国エル・コレヒオ・デ・メヒコ博士後期課程のPITA CESPEDES, Gustavo (ピータ・セスペデス・グスターボ)氏です。セミナーの詳細は以下の通りです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


概要
日時 2008年9月9日 火曜日 15時から17時
場所 ジャパンファウンデーション JFICスペース[けやき]
アクセス
*国際交流基金(ジャパンファウンデーション) のオフィスは新宿区に移転しておりますので、ご注意ください。
使用言語 日本語 (通訳はありません)
参加費 無料
テーマ 「キューバ人の立場から見た武士の文化と現代日本の社会」

ラテンアメリカにおいては、日本武士の文化と社会についての研究はまだ発展途上です。また、ラテンアメリカの国々は資本主義の発展がもたらしたさまざまな問題を克服する道を探しています。

現在の日本社会には様々な問題が存在しますが、その背景には一番大きな基本的な問題があります。それは最近まである程度両立できていた、あるいは共存できていた、現代の日本資本主義社会の加速発展と日本の伝統文化の調和が失われつつあるということです。日本の資本主義の発展と日本伝統文化との矛盾が段々明らかになってきました。現代社会の問題を解決するために今まで歩んできた道を再び顧みて考えなければならないだろうと思います。その見地から見れば、封建時代から現代の発展した資本主義に至るまでに日本社会が歩んだ道は、ラテンアメリカ人の研究者にとって興味深い発展のパラダイムとなります。
プレゼンター略歴 PITA CESPEDES, Gustavo (ピータ・セスペデス・グスターボ)

1959年キューバ・ハバナ市生まれ。1983年ソ連レニングラード大学哲学部卒業。
1989年から2004年までハバナ芸術大学代理教授。2006年エル・コレヒオ・デ・メヒコ修士課程卒業。現在はエル・コレヒオ・デ・メヒコ博士課程に在籍し、2007年7月より国際交流基金日本研究フェローシップにより日本滞在中。
お申し込み・
お問い合わせ
参加ご希望の方は、2008年9月9日 火曜日までにお名前、所属先、連絡先(電話番号、Faxまたはメールアドレス)を日本研究・知的交流部(担当:内田)までご連絡ください。ご質問等も下記の連絡先までお願いします。
Tel: 03-5369-6069 / Fax: 03-5369-6041 E-mail

※より多くの皆様に関心を持っていただき参加しやすい環境作りを目指すため、名称を「フェロー勉強会」から「フェローセミナー」に変更しました。

ページトップへ戻る