エステルハージ・ペーテル氏特別シンポジウム「ドナウを下って、未来の世界文学へ」

現代ハンガリー・ポストモダニズムの旗手 エステルハージ・ペーテル氏を迎えて

ジャパンファウンデーションは、ハンガリーを代表する国際的作家エステルハージ氏を招へいし、東京大学文学部現代文芸論研究室と共催で特別シンポジウムを開催いたします。どなたでもご自由に聴講できますので、ぜひご参加ください。

なお、大阪でも2月8日にシンポジウム 中欧の詩学 ~ハンガリーの現代作家エステルハージ・ペーテルをむかえて~を開催します。

エステルハージ・ペーテル氏

概要
日時 2009年2月11日 水曜日 15時30分から17時30分 (開場 15時)
会場 東京大学(本郷キャンパス)法文2号館2階 1番大教室(定員220名) アクセス

東京都文京区本郷7-3-1
地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷3丁目」、南北線「東大前」など下車、徒歩10分。
(法文2号館は、東大正門から安田講堂(時計台)方面に直進、右側二つめの建物です。1番大教室に行くには、まず建物中央部を貫くアーケードに入り、その真ん中にある左手のガラス自動ドアから建物の中に入り、奥の階段を登って2階にお進みください。)
使用言語 日本語、ハンガリー語 (日本語通訳つき)
参加費 無料(事前申込み不要。満席の場合、立ち見をお願いする場合もありますので、あらかじめご了承ください。 )
プログラム
15時30分から15時40分
開会の辞(ジャパンファウンデーション)
イントロダクション(沼野充義 司会・東京大学教授)中欧ポストモダン文学の旗手、エステルハージ
15時40分から16時25分
講演バミューダ・トライアングル――21世紀の言語について
ハンガリー語による自作朗読 『ハーン=ハーン伯爵夫人のまなざし』より(日本語訳つき)
エステルハージ・ペーテル
16時25分から16時45分
ドナウ川をめぐる奇想の書『ハーン=ハーン伯爵夫人のまなざし』を訳して
早稲田みか(大阪大学教授)
16時45分から17時5分
ハンガリー語で書くこと――ヨーロッパの言語空間におけるエステルハージ
エッシュバッハ=サボー・ヴィクトリア(チュービンゲン大学教授)
17時5分から17時30分
討論・質疑応答
エステルハージ・ペーテル氏略歴 エステルハージ・ペーテル Esterházy Péter

(ハンガリー語では日本語と同様に姓・名の順になるため、エステルハージが姓)

1950年ブダペスト生まれ、ハンガリーを代表する作家として国際的に高く評価され、その作品は20数カ国語に翻訳されている。ハンガリー最大の名門貴族エステルハージ家の出身。由緒ある古い家柄の出だが、スタイルは飛び切り新しい。

1970年代に作家としてデビューして以来、おびただしい引用、パロディ、パスティーシュ、意識の流れ、アイロニーといった手法を駆使し、伝統的な意味でのプロットを解体しながら、現代ヨーロッパ文学の最先端を切り拓いてきた。ゴンブロヴィチ、フラバル、キシュ、カルヴィーノ、クンデラといった作家の系譜をもっとも正統的かつ過激に受け継ぐ存在で、中欧ポストモダン文学のトップランナーである。

代表的な作品に『ハンガリーの小さなポルノグラフィー』(1984)、『心の助動詞』(1985)、『フラバルの本』(1990)、『ハーン=ハーン伯爵夫人のまなざし――ドナウを下って』(1991、邦訳は早稲田みか訳、松籟社、2008)、『彼女は私を愛している』(1996)、『天界の調和』(2000)など。邦訳としてはその他、ハンガリー文芸クラブ編・訳の短編・エッセイ集『黄金のブダベスト』(未知谷、2000)がある。
協力 東欧史研究会
お問い合わせ 日本研究・知的交流部 欧州・中東・アフリカ課 冨岡
電話:03-5369-6071

ページトップへ戻る