フェローセミナー:ナベール・アジマル・マンチェリ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
アジア・大洋州チーム

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、平成21(2009)年度フェローセミナーを開催します。今回のプレゼンターはナベール・アジマル・マンチェリ氏(インド・ジャワハルラルネルー大学)です。セミナーの詳細は以下の通りです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

概要
日時 2009年8月19日 水曜日 15時30分から17時
場所 ジャパンファウンデーション JFICスペース[けやき] (2階) アクセス
使用言語 英語 (日本語への通訳はありません)
参加費 無料
テーマ 「インド・日本・オーストラリア間の自由で公正な貿易は可能か:比較優位の分析」

近年、多国間の自由貿易協定と、それによりもたらされると推定される利益と不利益についての議論が盛んに行なわれている。各国政府は、二国間または多国間の貿易協定締結の可能性につき、頻繁に交渉している。インド、日本、オーストラリアもその例外ではなく、さまざまなレベルでの貿易協定の交渉を進めている。しかし、その交渉は簡単なものではなく、また常に成果があったわけではなかった。政府が貿易協定の見通しや締結に踏み出すべきか否かを検討している間に、さまざまな政治的・経済的圧力がかかるためである。

インド、日本、オーストラリアの経済関係は、工業製品と天然資源の相互補完性により特徴づけられており、さらに新たな相互補完的な関係に進むだろう。資本市場、エネルギー、バイオテクノロジー、IT、保健、看護、科学、研究、開発といった各分野でパートナーシップが促進されている。これらの動きは、加速するアジアの経済統合と地域間の経済協力の潜在的可能性を示すものである。

こうした状況のもと、今回の研究は、貿易に関わる3つの当事者のインド、日本、オーストラリア-、生産者、供給者、取引者-の政治的・経済的メカニズムを三国間の貿易の枠組みの中で分析することを試みる。つまり、国際貿易におけるこれら三国の関係性を分析しようとするものである。この新しい3国関係は、アジア・大洋州地域で最もダイナミックな3つの経済の競争力-インドの豊富な、熟練していながら安い労働力や巨大な消費市場と情報通信技術、日本の技術、金融、起業に関する資源、オーストラリアの豊富な産品供給-を結びつける新しい政治経済関係の創設の大きな可能性を切り開く。政策的な意味合いとして、今回の研究では地域内の経済協力は三国間あるいは二国間の特定の産業/サービス分野の統合により補完される必要があることを強調したい。インド、日本、オーストラリア三国の密接で相互に有益な関係は、今後、経済的・戦略的な重要性を持ってくるだろう。安定した平和な域内及び国際関係が貿易と経済活動の持続的発展に必要な環境を作り出すことから、日本はインドとオーストラリアの東アジア地域への関与の増大に助けられるし、また協力的である。オーストラリアにとって、世界経済の大きな牽引車であるインドと日本は重要である。いまや、インドの発展は、先進国である日本とオーストラリアの発展に大きく影響するようになった。経験的に、この三国間の貿易は、三国の役割-供給者(オーストラリア)、生産者(インド)、取引者(日本)-を解明するケーススタディーとなる。

ただし、日豪あるいは日印の自由貿易協定交渉は簡単なものとは思われず、すぐによい結果が出るとは期待できない。アジア開発銀行の最近のレポートはアジア域内の二国間自由貿易協定の拡大とそれがもたらす貿易の方向性の変化、小さな市場しか持たない周辺国の切り捨て、域内の長期的な分極化の可能性につき批判的である。二国間自由貿易協定はより大きな自由化と経済統合を作り出す可能性があるが、豪米間の協定にみられるように、限られた自由化と大きな例外を含むこともある。同様に、現在続いている日豪あるいは日印の自由貿易協定交渉も、同様の結果になるおそれがある。
プレゼンター ナベール・アジマル・マンチェリ
2008年-2009年国際交流基金フェロー、ジャワハルラルネルー大学日本研究学科博士課程在籍。
お申し込み・
お問い合わせ
参加ご希望の方は、2009年8月14日 金曜日 までにお名前、所属先、連絡先(電話番号、Faxまたはメールアドレス)をアジア・大洋州チーム(担当:田中、古屋)までご連絡ください。参加希望について、E-mailによる連絡の際は、標題に発表者の氏名、発表日を明記していただきますようお願いいたします。ご質問等も下記の連絡先までお願いします。

TEL : 03-5369-6070、FAX : 03-5369-6041 E-mail
  • より多くの皆様に関心を持っていただき参加しやすい環境作りを目指すため、名称を「フェロー勉強会」から「フェローセミナー」に変更しました。

ページトップへ戻る